« バッド・アス | トップページ | やはりココロ図書館 »

2005年4月30日 (土)

語られない作曲家その1、ロルフ・ケントについて

おそらく映画音楽作曲家にも、人気というものがあって、特に、他の様々な映画音楽ファン/映画ファンのサイトでしばしば話題に上がる作曲家から、作品数は多いのに、ほとんど語られない人もいる。わたし的には、どうしても後者が気になるので、後者サイドをよく聴くようになってしまう。そんな作曲家の話も時に書くようにしたいが、今回は、ロルフ・ケント。『サイドウェイ』の人である。今年のアカデミー賞は、あの人も、語られない一人ではあったので、これでスポットがあたってうれしかったヤン・A・P・カツマレクがとったので、悪くはないんですけれど(ここで、いい悪いいったって、何の影響力もないけれど)、惜しいのは、ケント氏の前作の『アバウト・シュミット』で、強力によいスコアだったのに、ノミネートすらされなかった。・・・なかなか語られない作曲家には共通点があって、そのひとつ、人間ドラマものがほとんどである、というのがケント・サウンドをじっくり聞こうと思われないことだろう。『サイドウェイ』はジャズ・スコアで、リラックスしてダラダラ聴くには、すごく心地よい作品で、こんな世界が、モチーフはそれぞれ違えど、心優しくていい感じのケント・サウンドである。ジャズといえば、クリストファー・ヤングの『ラウンダーズ』『ノーマ・ジーンとマリリン』は激しく傑作と思うが、「なんちゃってジャズを聴くぐらいなら、ちゃんとしたジャズを聴く」という話になるらしく、じゃあ、菅野よう子『カウボーイ・ビバップ』に観る「なんちゃってジャズの、本物ジャズにはない楽しさ」は、それも魅力じゃないか、と思ってしまう。炎のスコア!!!を書く方よりは、ひっそりと活動する感じになってしまうが、そんなロルフ・ケントの次回作は、私は楽しみです。いずれ、ポスト、デイヴ・グルーシンぐらい行く人だと思うのですが。

|

« バッド・アス | トップページ | やはりココロ図書館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/3915079

この記事へのトラックバック一覧です: 語られない作曲家その1、ロルフ・ケントについて:

» 「サイドウェイ」は懐かしの風景 [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 先日「シンデレラマン」を観た時、トレーナー役のポール・ジアマッティがいい味を出していた。それで思い出したのが彼が主演している「サイドウェイ」。初春に公開された時、観ようとして、チャンスを逃していた。興行成績が不振だったのだろう、アッという間に上映が終わ....... [続きを読む]

受信: 2005年9月30日 (金) 22時47分

« バッド・アス | トップページ | やはりココロ図書館 »