« イタリア映画祭 | トップページ | 甘い人生 »

2005年4月26日 (火)

エレメンタル・ジェレイド

初めて、アニメ音楽について。梶浦由記の『エレメンタル・ジェレイド』。いいですねぇ。こういったサントラを、アニメ本体を見ていないのに手をつけてしまう人間は、まだ数少ないとは思いますが、日本の作曲家シーンでは、一番、面白いことを自由にできる世界は、アニメ・サントラなのではないか、と思ってます。何せ、盤もまず絶対でるし。アニメ音楽に興味が移行して行ったきっかけを作ったのが、梶浦さんの音楽で、『ノワール』。普通のスコアものなのに、やたら話題になっていたので、これは、と思い、聴いてからズブズブと。梶浦ワールドは、今まで、ケルト音楽っぽいクセのある美しさのメロディが特徴的だったのですが、今回は、何しろストリングス大量導入で、まろやかなストリングスの中で、少しクセを落としたメロディを聴かせる。ストリングスが篠崎正嗣氏のストリングス!!!!! 篠崎さんといえば、私的に大傑作な『蛍川』!!DVDは、なんと出るようですが、サントラも復刻しないかな、なんて、まず売れないのだろうなぁ。そしてフルートに赤木りえさんも参加。アクション・シーンの音楽で、バカテク・フルート?を吹かせたりしている。すごいアレンジだ。・・・しかし、アニメ・サントラは、本当、ジャケット見て、ひるむでしょ。『エレメンタル・ジェレイド』も、初心者?はひるみそうなジャケットです。でも、素直に「かっこいいジャケットかも」と思ってしまうようになった私は、すでにそっちの世界の住人でもあるのかも(いや、世界がそういう偏見をなくせばいいのです)。

|

« イタリア映画祭 | トップページ | 甘い人生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/3859898

この記事へのトラックバック一覧です: エレメンタル・ジェレイド:

« イタリア映画祭 | トップページ | 甘い人生 »