« カテリーナ・ヴァレンテ | トップページ | グランポポ・フットボール・クラブ »

2005年5月 8日 (日)

MY ARCHITECT:A SON'S JOURNEY

音楽にしても、何にしても、理由もなく、ひきつけられて手にとるものがある。未だ日本では公開予定がなく、しかし、サントラが強烈に印象深い作品がある。『MY ARCHITECT』。偉大な建築家であり、父であったルイス・カーンの仕事を追って、息子ナサニエル・カーンが旅をする記録映画。らしい。サントラはコモーション・レーベルという、『コード46』や『ホテル・ルワンダ』や最近だと(カーディガンズのニーナの彼氏としての方が有名になってしまっている)ネイサン・ラーソンの作品集などを出している、ビジョンのあるインディーズ・レーベルからのリリースで、それだけに、芯にあるものをさらに感じてしまう。ピアノやストリングスで悲しげな旋律から、楽しげなものまで。しかし、楽しげなメロディは奏でられれば奏でられるほど、奥にある悲しみを想像してしまう。音楽は、ジョセフ・ヴィタレッリという人。その昔、ニック・カサベテスの『シーズ・ソー・ラブリー』の音楽などもやっていた結構、職人系の人。ラストは、ワルツで終わったりして、嫌味ではない、インテリ香が漂いまくる。これを聴いたあと、新居昭乃を聴くか、ヘルベルト・レーバインを聴くか、少し迷う。そして、例のリニア・アクアヴィットをもうびんから飲んでしまう。

|

« カテリーナ・ヴァレンテ | トップページ | グランポポ・フットボール・クラブ »

コメント

TBありがとうございました

この手のドキュメンタリー映画でもサントラが出ているんですね。少しビックリ(笑)

これからもよろしくおねがいします

投稿: yyz88 | 2005年5月 8日 (日) 17時15分

こちらこそよろしくお願いいたします。
映画、サントラというものは、そのジャンルを問わず、よいものかどうか、そこで決めてくれるレーベルも、最近はある(少ないですが)ということですね。ご覧になられたのは、輸入DVDですね。

投稿: babby | 2005年5月 8日 (日) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/4031619

この記事へのトラックバック一覧です: MY ARCHITECT:A SON'S JOURNEY :

» My Architect: A Son's Journey [見なきゃ死ねるか!聴かなきゃ死ねるか!]
監督:ナサニエル・カーン キャスト:ナサニエル・カーン他 ジャンル:ドキュメンタ [続きを読む]

受信: 2005年5月 8日 (日) 17時09分

» MY ARCHITECT:A SON\'S JOURNEY [mosaki的東京経験値]
+ドキュメンタリー映画「MY ARCHITECT:A SON\'S JOURNEY」試写 http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4031619 [続きを読む]

受信: 2006年1月16日 (月) 22時48分

« カテリーナ・ヴァレンテ | トップページ | グランポポ・フットボール・クラブ »