« 永遠のハバナ | トップページ | ハイド・アンド・シーク »

2005年5月11日 (水)

多摩モノレール

以前から気になっていた「多摩モノレール」を全乗する。映画ではありません。路線です。話によると、建築に20年弱かけていた(現在も、志なかばで中断しているのではないか、という説)と思われる、東京の西の森を切り開いた近代都市。いやあ、半端じゃない!!!!! 新百合ヶ丘から、多摩ニュータウンに向けての支線に入ったところから、すでに、万博並みのオーラが。そして、多摩センター駅。つまり、多摩ニュータウンの中心地ですが、ものすごい別世界!!! だから、ここへの来訪をおすすめという話題では決してないのですが、映画どころじゃないことは確かの感動。しかも、今ではありえない都市計画なのは、一目瞭然。ここから、約45分間、西武球場手前で終点となるモノレールに乗る。・・・・なんでしょうね。昨日のハバナと今日の多摩のこの、ふり幅の大きな違いは。とにかく、一度、自身で足を踏み入れた価値は大きい、未来都市のレトロ・フューチャー的な空間、多摩ニュータウンは、感動を与えてくれたのでした。

|

« 永遠のハバナ | トップページ | ハイド・アンド・シーク »

コメント

おおまかな意味で「沿線の住人」からのコメントです。
えーと、おすすめな時間帯と季節。
「台風明けの夕方、立川から多摩センター方向へのる」
ですね。
ぱーすぺくてぃぶの広がり方がすごいです。

投稿: satch umino | 2005年5月13日 (金) 19時11分

satch unimo様
カルトな情報、ありがとうございます。私、乗ったとき、最後尾だったので、「これは多摩センターに向かって乗ったほうがダイナミズムがあるな」とは感じました、確かに。台風明けを狙えるかは判りませんが、夕刻に多摩向きで乗って見ます。

投稿: babby | 2005年5月14日 (土) 03時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/4076182

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩モノレール:

« 永遠のハバナ | トップページ | ハイド・アンド・シーク »