« イージーリスニングの気分 | トップページ | イタリア映画祭最終日ッ! »

2005年5月 3日 (火)

イタリア映画祭ッ!

ノルウェーの「リニア」という酒を飲みながら(ストレート。面倒なので・・・)、書いております。世界中?の酒買うくせに、すぐ飲みきってしまうので、全くコレクションにはなりません。さて、イタリア映画祭、2年ぶりに行ってきました。昨年は、知らないうちに終わっており、上映されているのを知ってれば何が何でも見たかったオズペテクの「FINESTRA DI FRONTE」を見逃し、今年は、そのリベンジともいうべく(といいながら、メチャ観たかった4作品はすべてスケジュール的にアウト)、本日2本。超満員じゃないですか! 『スリー・ステップ・ダンス』、なんか、昔のタヴィアーニの『カオス・シチリア物語』(ヴィヴァンで見たなぁ)を少し思い出させつつも、かわいらしい出来の作品。オムニバスだが、一人の監督。スタッフはエピソードによってバラバラ。少年たちが主人公で、唯一、ドラマというよりドキュメント・タッチな始めのエピソードの映像が異常に美しい。撮影者の中に名匠レナート・ベルタがいましたが、おそらく、あのエピソードではないか、と思う。白と青の対比。ちょっとくすんだ色使いが、かなり渋い。そして、もう一本『愛の果てへの旅』。こんなの、普通に公開して、バンバン観客入りそうなぐらいに、スタイリッシュで独創的で、娯楽作品で、アート。悲劇と喜劇のバランスがすごい。間のとり方といい、感覚(フィラ・ブラジリアやグラン・ポポといったエレクトロ/テクノ系の音源を使いまくる音楽ほか)新しさといい、「これは面白い!」といったところで、薦めても薦められた人が観にいくことが出来ない一回きりの上映スタイルを悲しむ。しかし、こんな映画がいっぱい、映画祭だけで終わってしまうなんて、"とある国"の作品のものすごい公開ラッシュを眺めつつ、本当に、映画の国籍によって公開待遇が違いすぎる、と心の中でつぶやく・・・・

|

« イージーリスニングの気分 | トップページ | イタリア映画祭最終日ッ! »

コメント

 ほんとうですよね~。"とある国"の作品の待遇・・・。私の場合、"とある国"の作品の中でも公開を楽しみに待っていたら、未公開DVD発売のようなもの、1年以上たって忘れたころにやってくるものも。

 きっといろいろあるのでしょうね・・・。

投稿: riezo | 2005年5月 4日 (水) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/3968506

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア映画祭ッ!:

« イージーリスニングの気分 | トップページ | イタリア映画祭最終日ッ! »