« PIVIO E ALDO DE SCALZI | トップページ | 結局は酒と旅の空想とイージー »

2005年6月13日 (月)

こういう企画CDがあったら聴きたいシリーズ

今日は、ちょっと趣向を変えて、「こんな企画CDがあったら聴きたい(ほしい)」シリーズ、何連発!!

『TROJAN BACHARACH BOX』

『TROJAN FILM MUSIC BOX』

『DUB MORRICONE』

『DUB KIDA TARO』

『リチャード・クレイダーマン・プレイズ・ベイビーフェイス』

『カフェ・アプレミディ ポール・モーリア』

『カフェ・アプレミディ バート・バカラック』

『カフェ・アプレミディ エンニオ・モリコーネ』

『ボッサ・ジョン・カーペンター』・・・・・

まあマジで希望なものから、そうでないものまで。ジョン・カーペンターのボッサ・アレンジは頭の中で「ニューヨーク1997」が、ジョアン・ジルベルト風に、モリコーネ「海の上のピアニスト」は、レゲエのリズムにすごく乗せやすい、というところまでは発見しているのですが(2005年6月現在、すべて私の妄想です。以上のcdは、現時点で出る予定は全くありませんので・・・)

|

« PIVIO E ALDO DE SCALZI | トップページ | 結局は酒と旅の空想とイージー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/4530926

この記事へのトラックバック一覧です: こういう企画CDがあったら聴きたいシリーズ:

« PIVIO E ALDO DE SCALZI | トップページ | 結局は酒と旅の空想とイージー »