« 結局は酒と旅の空想とイージー | トップページ | 湘南モノレールとMON ANGEと質問たち »

2005年6月15日 (水)

イン・ザ・プールと帰郷と夢の中へ

本日は、見る予定だった作品とは違ってしまったが、3本。『イン・ザ・プール』と『帰郷』と『夢の中へ』。テアトル新宿も新宿武蔵野館も、かなり久しぶりだ。映画も、三木監督は別として、荻生田監督と園監督も、個人的にフェイバリット(というわりに全部見ている、というわけではないが)で、心の古巣に戻る感じである。しかも、これ、3本とも、いわば「自分探しに失敗する人間たちの話」であり、いずれもハッピーエンドからは見放される。まあ、ここがメジャーではできないリアルさ、心地よさなのだが、『帰郷』の、自分にとっての冒険をしたはずが、実はそうではなかったあの脱力感は、かなり応える。というのも、自分でも、あれに似た経験はいくらでもある。おそらく、多くの人はそうだろうと思う。荻生田監督の大傑作『楽園』は、東京からは遠く離れた南九州が舞台だったと思うが、今回は、館山、と電車で行き来ができる小旅行的ロケーションである。この、そんな遠くではないが「東京からは離れている」感が、なんともいえない小さな冒険/癒し/切なさを生み出す。『夢の中へ』は、園子温という人が、いい意味で、18年?前と同じような映画を新作として出すことに心意気を感じる。「くさいって、いいよね」旨のセリフが主人公が発するが、まさにそういう映画。20年前は、みんな、あんな感じの映画を自主映画で発表していたような気がする。そして、それは素晴らしかった。『イン・ザ・プール』は、初期電気グルーヴのテイストと似て、恥ずかしさをギャグにごまかしている。それはそれでカラーである。松尾スズキは、主演というよりは、語り部的ピエロ?で、『フォー・ルームス』におけるティム・ロスのベルボーイのようなもの。そう考えたときに、田辺誠一、オダギリジョー、市川美和子のとる仕草の数々は、コメディか、といえばそうではなく、かなりマジである。とすると、この映画、よく考えると、笑えない。変形オムニバスの人間ドラマである。・・・それにしても、最近の日本映画、出演役者数が多くないか、と思う。この2つはメジャー映画だが、『四日間の奇蹟』が例えば、隅々までオールスター・キャストで、ちょっとドラマが拡散してしまうのに対し、『電車男』(妙にこの映画の肩を持ちますが、考えれば考えるほど、結構頭のいい映画だと思えてくる)が、拡散しすぎるのをあえて防いだ絞り方にしているのが印象的である。・・・・そして、これも、役者さんのカラーなので、それぞれ、すばらしいと思いますが、オダギリジョー氏がさまざまな役柄を楽しむのに対し、西島秀俊氏は、どの映画でも自分色を全く消しませんね。それぞれ、「だから、いい」のでしょう。

|

« 結局は酒と旅の空想とイージー | トップページ | 湘南モノレールとMON ANGEと質問たち »

コメント

精神科医のとぼけた味が出ていて面白かったです。

投稿: takoyo | 2005年6月17日 (金) 11時09分

『帰郷』 観ましたー。よかったですー。
ハルオに心寄り添って観てしまいました。
主人公がこういうルックスじゃなかったら、果たして応援モードで観られたのかどうかがふと気になりました。
西島くんもオダギリジョーもかなり好きです。
でも、そうかぁ、役作りは正反対ともいえるんですね。
荻生田監督の大傑作『楽園』も観てみたいですー。

すいません。
昨日今日のコメント&TBのつき合いで図々しいとは思うのですが・・・。
「Musical Baton」をお願いしてよいでしょうか?
どんなサントラが挙げられるのか興味があるので、ぜひぜひお願いします。m(__)m
http://latchodrom.exblog.jp/d2005-06-25

投稿: かえる | 2005年6月26日 (日) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/4558939

この記事へのトラックバック一覧です: イン・ザ・プールと帰郷と夢の中へ:

» なめてました…電車男(*^^*ゞ [バツイチあずさ -出会い系 やる気マンマン-]
ありゃりゃ…驚き!電車男が3週間の公開延長だって。 2週間前に、見に行った感想を書いたんだけどたくさんもらったコメントを見てても「良かった」「おもしろかった」っていう人がいっぱいいたんだよね。 期待マンマンで見に行くわけじゃないけど話題になってるしってこ... [続きを読む]

受信: 2005年6月24日 (金) 18時59分

« 結局は酒と旅の空想とイージー | トップページ | 湘南モノレールとMON ANGEと質問たち »