« ジャズ。 | トップページ | さっそく »

2005年7月 3日 (日)

日立館待ち時間220分

タイトルのようなことを書くつもりではなく、これは、午前中に「そろそろ、すごい待ち時間がでているかに」と、サイトを見てみただけです。とすると、こんな数字が出てました。3時間40分ですか。「待ち時間のテーマ」を巨匠モーリス・ジャールに頼みたいほど、すごい時間です。そういうことではなく、今日は、ちょっとGDMなる、あのイタリアのレーベルから出ている形をとりつつも、ド・ジャズなサントラ「GLI ARCANGELI」を聴きながら。自身のコレクション自慢的なCDをひたすら出しているイタリアのDJパオロ・スコッティ氏のレーベル、デジャヴュとのダブルネーム・リリース。最近、このGDM、ダブルネーム・リリースがお気に入りの模様。つまりは、サントラのコーディネイトなら任せとけのGDMと、好きなサントラがそれぞれあるいろんなレーベルとコラボレートしている模様。最近はDAGORED(ダゴレッドって、DEEP REDのことで、すなわち「サスペリア2」のこと、ということですか?)レーベルと共同で『盗みのプロ部隊』『残虐の掟』だしてましたね。ここ(GDM)が、BMG RICORDIの音源のサブライセンスが出来るようになって、それで、GDMが窓口になって、BMGのイタリアン・サントラ名盤音源が、いろんな形で出てきている、そんな模様。しかし、パオロ氏とクラウディオ氏がコラボレートするのは、考え付きませんでした。この調子だと、EASY TEMPOとGDMのコラボレートとかもあったりするのかな、とかいろいろ考えてしまう。しかし、イタリアのRCA音源か。個人的には、オルトラーニのものでいっぱいある気がします・・・

|

« ジャズ。 | トップページ | さっそく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/4805587

この記事へのトラックバック一覧です: 日立館待ち時間220分:

« ジャズ。 | トップページ | さっそく »