« シンデレラ・マン | トップページ | 栗コーダー2連発 »

2005年9月29日 (木)

フォー・ブラザース

映画リハビリ第2弾。だって、どうしても、先週撮ったデジカメ・スライドショーをしてみたり、世界紀行番組ばかり探してみたり、してしまうので。我ながら、ここまで応えるとは。さて、ジョン・シングルトン監督の『フォー・ブラザース』を試写で。なんだか、21世紀に映画化企画通るのが不思議なストーリー。もろ、70年代的なムードぷんぷん。映像も、スピードも、21世紀だから可能になった、というスタイルではなく、「オレたち、こういう映画、ガキの頃から見てて、おもしれぇナァ、って思ってたよな」的な映画の再現である。オッサンにはうれしいかな。そして、「オッサンはうれしそう」というのがわかる世代にも、わかるかな。思ったのは、マーク・ウォルバーグといい、アンドレ3000といい、いい感じのデコのしわ。人間臭いです。そして、緊迫した状況のドラマなのに、常にオンナの尻を追っかけてる、そんな感じのダメ不良男なところがさすがでした。これは、希少価値のいい作品です。

|

« シンデレラ・マン | トップページ | 栗コーダー2連発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/6164195

この記事へのトラックバック一覧です: フォー・ブラザース:

« シンデレラ・マン | トップページ | 栗コーダー2連発 »