« 今日はジョナサン・ラーソンの命日 | トップページ | 中古屋めぐり »

2006年1月28日 (土)

ゆっくりとする土曜日!!

土曜日にゆっくり、なんて、いつ以来だろうか!! モリコーネ公演の時以来かな、でも「一日まるまるほぼ白紙」は初めてじゃないだろうか。そして、やはりブックオフは行ったが、土曜なので買い取りも混雑。いつもより、ちょっと時間がかかるため、「時間の許す限り散歩」を決行。つまり、目当ての時刻までの分数を2で割った時間、ただ、歩いて、その同じだけを引き返す、という行為。綱島ブックオフ前より、これを決行。そして、川べりていうんですか、河川敷(ちがうかな)ていうんですか、川に沿った堤防沿いの遊歩道みたいな道です、そこを歩行! この手の道って、映画やドラマやCMなどで見かけるのに、自分では歩いた記憶が全くない。小さい頃に、親戚の家に行く際に、あんな道があったところがあったかもしれないが、物心ついてからは、ない。なので、感動!!! もう、この10分ほどで、とりあえず、今日の「幸せ」はゲット、みたいな感じで、あとはダラダラ?過ごす。 DVDにて『踊る大捜査線2』。本広ワールドは、作品によって、自分の中の高低が激しいのだが、その理由がわかった。本広ワールドは、とにかく「わかりやすく、当人たちにとってはこのぐらい大変」というデフォルメをやるわけだ。ここで、「踊る」「スペトラ」と「サマータイム」「サトラレ」は違い、前者2つは「もとから、大変なことは起きて当たり前のシチュエーション(観客にとって)」、後者2つは「大変なことは、普通起きないシチュエーション(観客にとって)」であるのだ。前者の登場人物たちは、いい迷惑で、(もし、その世界が本当にあったとして)その世界の住人側からしても「事件は起きない方がいいに決まっている」わけで、その「事件への心構え」については、前者も後者も同じで、なおかつ、その動作を可能な限り単純化して具現化する。なので、実際は、もっとさまざまな複雑な経緯があるはずを簡略化しているため、「簡略化しないドラマ/映画」を愛好している人間には、リアルでなくなるわけだ。「サマータイム」「サトラレ」は、その世界に自分もいそうな親近感で、登場人物の「事件への心構え」が判りやすい。・・・・湾岸署の刑事/警官にしても「事件は、起きないにこしたことはない」という大前提の上で動いている、ということなのだろう。昨日は『ARIA』のDVD1巻を鑑賞するが、この「SF的日常での、何も起こらない世界」は、それでそれで観ていて心地よく、舞台装置とキャラクターが備わっていれば、事件はドラマに必要ないのかもしれない、と思ってしまう。

|

« 今日はジョナサン・ラーソンの命日 | トップページ | 中古屋めぐり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/8387068

この記事へのトラックバック一覧です: ゆっくりとする土曜日!!:

« 今日はジョナサン・ラーソンの命日 | トップページ | 中古屋めぐり »