« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

何もしていないわけではないはずなのだが

見ると、ほぼ3週間、書き込まずで、・・・というのも、何もしていなかったわけではなく、逆にひたすら忙しかった、ということと「トリノ」なのだった。映画も見たし、音楽も聴いた。(ローカル線は乗りに行っていない)。最近は、寒くなって、部屋にこもっての作業が多くなってしまって、それだからか「コミック」を読む時間がそこそこ増えてきてしまっている。さて、映画は何本か見たのだが、例えば『ジャーヘッド』。ほぼ同じような「敵ではない”敵”と戦う兵士」たちの話は、先に『エル・アラメイン』という強烈な傑作を目の当たりにしているだけに、免疫が出来てしまっていた。・・・それにしても、自分でも、想像力が羽ばたかないものを感じるのは、やはり、書を捨てて外に出ないからだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月10日 (金)

中古屋めぐり

久々の大阪・中古屋めぐり。大阪に住んでいるのではないため、自然、久々。じゃあ、新宿とか神保町とかよく巡るのか、というと、頻度は大阪の巡る回数とほぼ同じかもしれないが。でも、自分の感覚としては、価格も、珍しいものに当たる確率も、大阪の方が多いと思う(大阪のどの辺りかまでは書きません)。例えば、今日、一件目で(いずれもLP。1000円台)『パトリシアの夏』(ゲルハルト・ハインツ)!!『AN ALMOST PERFECT AFFAIR』(ドルリュー)!!『スプラッシュ』(これはオフィシャルでLP出ているのは知らなかった)!!『スター・ウォーズのドン・エリスによるカバー』!!『TOGETHER?』(バカラック)!!『ホーム・ムービーズ』(ドナジオ)!!そして2件目で『フェイシズ』(カサベテスの)!!という、すごい状態です。しかし、このすごさは2件目までで、残り5件ぐらいはウーンだったのですが、それで、3時間ほど、ぶらぶら歩きまして。70年代関光夫大先生の放送で育った世代としては、ゆかりの映画音楽はほぼ全て保有しているので、油断しているのですが(あの『正午から3時まで』の「ハロー・アンド・グッバイ」のシングルを探していることを、知ってる人は知ってる。あと『時の支配者』のプロモだけ存在するらしいLPも(リリースされたシングルは持っている)。とはいえ、中古屋めぐりをすると「そんなの、出てること自体知らなかった」ものがゴロゴロ発見される。この場合、1000円台だと、まあゲット。2000円台だと、よほど自分にも鳥肌ものでないと考える。でも、もうほとんど「おおっ」と思うのは「シングルしか出なかったもの」なので、余計、探すのは困難だったりするんだけれども。それにしても、今日は、よく、こんなに手ごろな「おおっ」がよく出てきたなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »