« ハッピーエンドについて | トップページ | いかにして、急にイージーリスニングは止まったのか »

2006年3月18日 (土)

オードリー・ヘップバーン

昨日のびんちょうに続いて、『REC』の話。時間帯もさることながら、このアニメ2本立てなる「アニアニランド」の企画の凄さは、片や、昨日書いたような題材で、後半は「原作がアダルト・コミック」の作品、というパッと見、水と油のような2本立てであることだ。ただし、アニメ側のクリエイターは、もともとはそのようなコミックから、よりエッセンスを取り出そうとしていると思われる。昨日の続きだが『びんちょうタン』で気になるのは、このタイトルの元である「備長炭」の効能についてのエピソードが重要な位置を占めているが、アニメではその部分が、ほとんど省略されてしまっている(残念だ)。それはともかく、『REC』のアニメのニヤリとするのは、原作だと、それぞれのエピソードのタイトルは何らかの映画のタイトルをもじったもの、になっているが、アニメ版のエピソード・タイトルはすべて「オードリー・ヘップバーン主演作品」というルールを作っている。DVDBOXでだけ収録されるというエピソードの「許されざる者」でさえもそうだ。また、これが、わざわざなぜそのタイトルになっているのか、がストーリー展開もだが、ヒロインもしくは登場人物がその映画の名セリフを引用する、という件りを必ず入れる、という懲りようです。「噂の二人」というヘップバーンものの中ではマイナーな作品のフォローも面白かった。この調子だと、「シャレード」「おしゃれ泥棒」あたりがつづくのでしょうが、最終回はきれいに『いつも二人で』でしめてほしいです。『いつも二人で』といえば、マンシーニとヘップバーンのコンビのラスト作品。ところで、原作だと、大人のちょっとアホなエロエロワルノリエピソードにそろそろ突入してしまうのだが、そんなストーリーはさらりとかわして、根性ラブストーリーのままで、いってもらえそうな感じですね。

 コミックとアニメの違いといえば、『ARIA』で、コミックだとアリシアはかなりの酒好きの設定で、灯里(未成年)にビールを薦めるシーンさえもある。(ほかにも、すぐにワインとかを出してくるイメージがある)これは、コミックとテレビアニメで可能なラインの違いでしょうか。

|

« ハッピーエンドについて | トップページ | いかにして、急にイージーリスニングは止まったのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/9140607

この記事へのトラックバック一覧です: オードリー・ヘップバーン:

» 物質をめぐる冒険―万有引力からホーキングまで [イースター堂]
科学の最前線で今、物質の見え方が大きく変わろうとしている。 たとえば目の前にあるコップ。 この確かな手触りや重さをもつモノを解体していくと、位置も形も特定できない量子が顕現する。 科学の進歩で、ミクロの世界から何万光年もの宇宙の涯まで解明されると、モノの本性..... [続きを読む]

受信: 2006年3月18日 (土) 21時11分

« ハッピーエンドについて | トップページ | いかにして、急にイージーリスニングは止まったのか »