« 何もしていないわけではないはずなのだが | トップページ | いよいよ今週である »

2006年3月 8日 (水)

がんばって毎日更新します

ココログアカウントが急に不明になり、しかもバージョンアップしているらしく、悪戦苦闘し、2時間ほどかかるが、サポートセンターに電話まではしなくてすみました。さて、アクセスが全くないという結果が出まして、これはやはり、ほとんど更新しないままに過ぎていたことが結果だろうと反省。ここ半年で、生活の趣味も心持もかなり変化したため、過去とは違うモチベーションで書くことになろうかと思います。

本日(昨日)映画は『プロデューサーズ』を拝見。この映画を観ていて、今さらに感じたのが、ミュージカルが自然に見えた瞬間があって、それはつまり「ミュージカルは、(実験的な一部の作品を除いて)夢を描いている」ということだ。それも、ほぼ高い確率が「楽しい夢」。多くは、本当に楽しい夢か、不幸な境遇の中での「ささやかな夢」。戦災地や、天災の被災地で、多くのミュージシャンがコンサートを開く理由が「歌を聴く、口ずさむ瞬間、何分かでも、自分の今を忘れることが出来るから」旨のことを言っている。インド映画の多くが歌を除くと、上映時間はほぼ半分になってしまうだろうが、インド映画が時間数が長いのも「夢見る時間は少しでも長いほうがいいから」なのではないだろうか。

ということは、さておき、久々に、近場だけれども、さまざまに歩いた。歩いたって、ただ移動しただけなんだけれども、よく自分がやる「わざわざそんなルート取ると、ただ遠回りしているに過ぎない」ルートを使っただけである。で。地下駅。東京駅の京葉線とか総武線の乗り場への移動が大好きだ。総武線(横須賀線)は、新橋でもいい。今日は、新橋から。なんだろう、多分、あの長ーーーーいエスカレーターがまず魅力だろう。ホームからホームまでの歩行距離も、急いでいないときにはすばらしい。ホームに下りてからも、独特のたたずまいに、周囲を見渡して(地下だから、景色なんてないのだけれど)、自分の慣れた日常のひとつを楽しんだ。うーん、やはり、こういう心持は、やはり、あのアニメの影響だ。

|

« 何もしていないわけではないはずなのだが | トップページ | いよいよ今週である »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/8994153

この記事へのトラックバック一覧です: がんばって毎日更新します:

« 何もしていないわけではないはずなのだが | トップページ | いよいよ今週である »