« ゴベール | トップページ | マシーン »

2006年4月 5日 (水)

富士は見てる

久々、鉄道旅でございます。今回の目当ては「身延線」と「エスカレーター」。エスカレーターについては、あした。まずは出来事的には昨日の、身延線。まずは、「こだま」で新富士まで。いつも新幹線は新横浜から乗るのですが、毎度ですが、待合室で見るNHK。いいっすねぇ。旅に出る!って感じっすねぇ。さて、平日の12時なのに、春休みだからか、家族連れが異常に多くて、大混雑。こだまも、結構、混雑。予想通り、熱海でごっそり空きましたけれども。こだま大好き。鹿児島中央から八戸までの、壮大な「ニッポン縦断こだま」、やらんかしらん。レギュラーは無理でも、企画でやれば、あっという間に満席になるとは思いますが。東海道と東北は完全に分かれているんでしたっけ?・・・そうか、東北と九州は狭軌なんですよね(在来も使うから、広軌じゃないですよね)。とすると、いわゆるフリーゲージ車体作ってから、という壮大な話なのか・・・話が脱線。新富士!この近辺から、もう、晴れ晴れなので、フジサン見えまくり。ずーっと、富士山がストーカー状態で、ついてくる。新富士に降り立つと、ちょっと富士山が、ビルに隠れている。さきっちょだけ、ビルから見えている。これが可愛かったので、デジカメ。富士から甲府まで、約3時間の電車の旅。以外にまあまあ混んでいて、3両ある。要所要所に寺とか温泉とかがあるため、その度に一旦、満員になり、車内が行楽客のオカキの香りでいっぱいになる。富士山が見えなくなる頃から、ちょっと森だの山奥だの、といった感じのところを通るが、甲府の5,6駅手前からは、もう「都市の近く」っぽくなってくる。面白かったのは、まだ次の駅が甲府ではないのに、3駅(ぐらいだったかな)前ぐらいで「甲府からの乗り継ぎの時間」のアナウンスがあったこと。これは、今日乗った富士急行でも同じだったので、最近はそうなったのかな(急に連絡案内されても、困るみたいな話とかで)。・・・甲府には、夕方の5時30分にはついていたので、その日じゅうに東京まで、全然戻れたんだけれど、明日、いくつか見たいというのもあって、甲府で泊まることにする。というか、甲府で泊まってみたかったんです、別に意味はないですが。駅の近くにすぐ県庁があって、ちょっと大通りみたいな感じの通りがあるのですが、さほど長くはなく、本当は、地元の人の溜まり場っぽい店で食べたいんですが、どこも結構混んでいるので、東京では見たことがない(自分が見たことないだけかもしれない)居酒屋のチェーンっぽい店に入りました。テレビで野球やってました。テレビある居酒屋、好きです。気取ってない感じで。少なくとも、おしゃれではないので(オシャレじゃダメだ、というわけではないんだが、自分個人的にはダメダメ)。昨日の富士山は、自分が最近みた富士山では、一番完璧だったなぁ。しかも、当たり前だが、乗っているほとんどは地元の人だからなのか、特にべつに、という感じだったのもすごかったなぁ。

|

« ゴベール | トップページ | マシーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/9446605

この記事へのトラックバック一覧です: 富士は見てる:

« ゴベール | トップページ | マシーン »