« ソフィアとミランダ | トップページ | フレッシュマン »

2006年4月25日 (火)

不自然なものを食べている

さすがに砂糖度ゼロのチョコは、一回ひとかけらずつぐらいしか挑戦できなくて、今日は、焼酎のあてに食べてます。さて、ここ数年でマイ・アーキテクトと並んでもっとも見たかった一本「GARDEN STATE」をDVDで鑑賞途中。あまり、しないことします。DVDの特権。つまり、「途中での感想を書く」こと。今日は、もう寝たいので・・・・つまりは、新人の才能について、どう感じるか、ということだと思います。若い?うちは、ベテランになってからは恥ずかしくてできないことができるのが特権。この映画はキャメロン・クロウの『エリザベス・タウン』と比較されることがしばしばですが、クロウ作品が、もう、どっしりとしたオーラがあるのに対し、『GARDEN STATE』(もう邦題の話はしません)は、若さならではの落ち着きがなさすぎるのは確か。でも、この落ち着きのなさが「うんうん、こういうこと、やりたいんだよな」と思わせる可愛いところがある。それは、昨日のジュライ作品とはちょっと違って、本当に余裕はなくて、一生懸命なのである。この誠実さなんでしょうね、アメリカで支持されたのは。後半を見れば、どう変わるか変わらないかわかりませんが、とりあえず、そんな感じです。”完成形はつまらない”というひとつの法則を久々に感じました。そう、完成していないからこそ、面白い。

|

« ソフィアとミランダ | トップページ | フレッシュマン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/9756059

この記事へのトラックバック一覧です: 不自然なものを食べている:

« ソフィアとミランダ | トップページ | フレッシュマン »