« フレッシュマン | トップページ | 完璧だ、完璧すぎる »

2006年4月26日 (水)

ただいま

『嫌われ松子の一生』拝見。またまたで申し訳ないですが、・・というか、最近、このテーマを取り入れているドラマ(反ドラマ)は多い気がします。松子さんも、自分自身は、ドラマなんてちっとも期待していない人。だが、ドラマになってしまう。ドラマなんて、ない日常を夢見ている。ということで、これは『びんちょうタン』である。こちらは、反ドラマを実現している側の話だから、理想郷といっていいか。しかし、松子もびんちょうも、誰もいない空間に「ただいま」を言う。「いただきます」をひとりで言う。ともに、彼女たちのドラマには、オンド・マルトノ(松子の音楽にも、おそらく使われているのは、これ?)の音色がする。R&Bきは苦手なジャンルなのですが、メアリー・J・ブライジのアルバムタイトル「NO MORE DRAMA」には、ジンときたのだった(これは最近じゃなくて、おそらく、ちゃんと、このアルバムが出た頃)。ハッピーエンドの後日談はつまらない、と思っているが、それはあくまで他人の話なので、あまりにも自分がもし登場人物に感情移入したとしたら、ハッピーエンド以降のドラマ(ドラマチックではおそらくない日常)も見たい、ということなんだろう。

|

« フレッシュマン | トップページ | 完璧だ、完璧すぎる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/9776891

この記事へのトラックバック一覧です: ただいま:

« フレッシュマン | トップページ | 完璧だ、完璧すぎる »