« 大きな話になってしまう | トップページ | 試練の12時30分 »

2006年7月 5日 (水)

ジュノ・リアクター

『ブレイブ・ストーリー』の音楽をジュノ・リアクター、と聴いていたので、バリバリのエレクトロ/トランス/ロック/クラブ・ミュージックで壮大、という感じになるのか、と思ってましたら、なんと、全編生オーケストラ、ということでびっくり。アーティスト側も、ひょっとしたら、「全編生オケでアニメ音楽をやってみませんか」という誘いで請けたのかもしれない。これは、確かに、新しい発想で、うまく言い表せないが、通常のプロの劇伴になれた作曲家の作るメロディとは違う。ポップスやロック(プログレとか)畑からの参戦、というのはあれど、クラブ・ミュージック側の人に生ものを頼むというのは、これは、何か、突破したかもしれない。しかし、劇場用アニメの大作というのは、VCさえ、プロの声優に任せてもらえたら、あとはいうことないんですが・・・

|

« 大きな話になってしまう | トップページ | 試練の12時30分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/10792627

この記事へのトラックバック一覧です: ジュノ・リアクター:

« 大きな話になってしまう | トップページ | 試練の12時30分 »