« 貧乏姉妹物語 | トップページ | 大きな話になってしまう »

2006年7月 2日 (日)

予想を裏切らないという心地よさ

これもトシなんでしょうか。坂本真綾のエッセイ「アイディ。」を手に取る。むさぼり読む、という気はしない。が、それが決して、ネガティブな意味は持たない。数行たどるだけで、イメージする坂本真綾そのままの人の姿があることに安心する。数行読んで、なんか、リアルさがあって、それでホッとする。「元気をもらう」というフレーズが最近、ものすごく流行しているので、あえて、このフレーズは拒否する。「元気をあげる」ことも必要だが、それよりも、まず食料だし、栄養だろ、元気は、その次のはずだ、・・・と地震やアフリカの現状のレポートなどを見るたびに思う・・・そんなことはともかく、「エッセイ」は、濃いので、好きです。自分が実際に、虚構でなく、肌で感じたことを書いているので、数行でも、ものすごい説得力をもつ。このエッセイほどの密度で「小説」が存在したら、きっとすごいと思う。エッセイには、そういうわけで、文章的にも、学ぶことが多い。個人的な内容だと(ルポとかよりも)、さらに濃くなるのだ、ということも改めて感じる。

|

« 貧乏姉妹物語 | トップページ | 大きな話になってしまう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/10754913

この記事へのトラックバック一覧です: 予想を裏切らないという心地よさ:

« 貧乏姉妹物語 | トップページ | 大きな話になってしまう »