« 福知山駅工事中 | トップページ | 忘れてましたが、雨 »

2006年8月26日 (土)

メインは中華

ついに、『お元気ですか日本列島』と『ゆうどきネットワーク(これは江崎史恵アナめあて)』を録画することにしました。リアルタイムに見れない曜日があるので。しかし、江崎アナって、カルトにファンが盛り上がっているんですね。普通のアナウンサーじゃないな、とは思ってましたが、それが「アート系」的な趣味を呼び起こすのでしょうか。さて、若狭湾系ローカル線旅の続きです。園部。園部は、そう、陸橋上に改札含め駅的業務のもろもろがある駅で、駅舎が地上にはないのでした。さて、そこから福知山行に乗車。とにかく、この日はカンカン照りでした。この時期に、ここの旅を選んだのは、この時期にもっとも気温が高く、晴れ晴れ(ユカイ)なところを選んだ結果が京都府北部なのでした。最高気温34,35度が当然のごとく並んでいるので、もう、これはこの地方で過ごすしかないでしょう。そして、福知山。福知山駅は、近代化途中でした。山陰本線は、もう高架駅(近代的)なのであった。コンクリートづくし。コンコースがめっちゃ広い。まるで、新幹線が通るかのよう。そこから、まだ工事中の空間を通って、1Fに当たるところの出口(北出口)に出る。すると、今は使われていない、旧駅舎がシートにくるまれている。うーん、この駅舎、どうなるんだろうか・・・と心配になる。ちょっと前に尋ねれば、この情緒ある駅舎から外に出られたのになァ・・そして、駅を出ると、どこの地方都市もほぼ同じ構造(おそらく、栄えたであろう、いろいろはあるものの、今の時間はひっそりとしている。クルマは通っている)で、しばらく歩くと、ショッピングセンターがある(イオン的なものではなく、昔のダイエー/イズミヤ/ニチイ的なスーパーの大型版)。その近くにある大衆食堂風な店(メインは中華の模様。あとで気づいた)に入って、「ハヤシライス」を注文。ルーを自分でかける、ちょっと本格派で出てきましたが、超本格的ではなくて、こちらが期待していた懐かしいハヤシの味で、感動しました。つづく。

|

« 福知山駅工事中 | トップページ | 忘れてましたが、雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/11608139

この記事へのトラックバック一覧です: メインは中華:

« 福知山駅工事中 | トップページ | 忘れてましたが、雨 »