« 万博跡 | トップページ | 福知山駅工事中 »

2006年8月 9日 (水)

バート・バカラック

ついに久しぶりにスリランカ・ビール「LION」を入手し、ナンチャッテな"スリランカ・カレーってこんな感じだったかなin愛知万博"を普通のカレー+木綿豆腐+ココナッツミルク+ナンプラー+サフランライスという感じで作り、食して、超天国。・・・・・というような話題は、最近ずっと同じなので、先日リリースされていたバート・バカラックの紙ジャケCD化シリーズを聴く。「メイク・イット・イージー・オン・ユアセルフ」。バカラック・サウンドなんかも、自分にとっては、「いろんな音楽の旅をして帰ってきてくつろぐ音楽」のひとつ。いわば「あー、やっぱり、ウチが一番ええなぁ」と、旅行から帰ってきて、いうひとことの音楽版である。とはいえ、昔の、家族旅行の際に聞いた言葉で、今、自分が何度となく行く"旅"は、ものすごい軽装で行くし、みやげなどもほとんど買わないし、何より、マイペースなため、クタクタになって帰る、ということはまずない。なので、帰ってきても、すぐ、別のところへ行く計画を考え始めるのですが。さて、バカラックみたいな「音版"自宅"」は、いくつか、ある。もう、愛聴という度合いを越えているものである。最近は、実際に聴いた回数は5,6回なのに、その後、頭の中でフルサイズでループするので(なので、i-podは必要ない)、めちゃめちゃ聴いたような錯覚を覚える。そうなんだよな、初めて聴く音楽が退屈だったらいやだから、そんな音楽はi-podでは聴かないし、好きな音楽は反芻(心/頭の中で)すればいいので、i-podはいらないのだな。そして、耳をふさぐと、いろんな"自然音""生活音"が聴こえなくなってしまうので、それが好きな自分には、我慢できないんですよね。

|

« 万博跡 | トップページ | 福知山駅工事中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/11347122

この記事へのトラックバック一覧です: バート・バカラック:

« 万博跡 | トップページ | 福知山駅工事中 »