« 豊中が豪雨 | トップページ | テレビ体操 »

2006年8月30日 (水)

東舞鶴の中古ソフト店

豊岡では、すぐ駅前にニチイ/ダイエー的スーパーがあったため、そこに入る。目的がありました。折り畳み傘もなんですが、ちょっと脱水症状的なものを感じたので「カキ氷をちびちび食べたい」と思ったのでした。豊岡についた頃には、すでにあたりも暗くなりはじめており、街散策もそう、楽しくできそうにないので、その辺も躊躇なかった。ともに、かさもカキ氷も満足。お約束の、スーパーの上階にあるファミリー・フード・ゾーンみたいなところで、カキ氷。この時間、そんなにもう暑くなくなっていたので、ちょっとヘンに見えた模様(というか以前に、不思議な人間だよな、旅人っぽくもなく、ビジネスでも地元の人でもなさそうな40のオッサンがカキ氷を平日の夕方に頼んでいるのだから)。夏休み中だから、学生もそんなに多くなく、あとは、若夫婦みたいなカップルがいて、ダンナの方が豪快な量の焼そばを平らげている。見ると、ここの店の焼きそば(など鉄板系)はボリュームが売りのようである。さて、そんなこんなで、もう、車窓の見えない時間帯、宿泊地、福知山へ。福知山の宿は、駅から遠いところしかとれず、それも(そこまでの道のりも好きだったりする)楽しみで、でも旅先の食堂は、どこも閉まるのが早いので、急いで、夕食だけは済ます。そして、(ここに泊まるわけではない、別の)ホテルの1階の食堂で、和風ハンバーグ定食を食べる。地元のおばさんたちの会合か何かがあったようで、店の人と「あれはおいしかった」「あれはうんぬん」のやりとりを何度もやっている。いずれにせよ、こういう光景を眺めるのも楽しみの一つ。そして、そんなに評判は(いろんなサイトでの採点を見る限り)よろしくないホテルで泊まるのですが、さほどいうほどでもなく、普通のホテル(つまり、自分は、今までも、あまり泊まり心地のよいホテルに泊まっていない、ということなのかもしれない)。というのも、翌日の彦根のホテルが凄かったんですよね(自分にはいい意味も含め)。翌日は、晴天! 福知山の駅コンビニ・ゾーンみたいなところで(駅の近代化)、モーニング食べて、ちょっと文庫本買って。東舞鶴行きに乗り込む。またしても、睡魔が襲う。それまでは、ローカル線色強い車窓だったのが、さすがに舞鶴になると、ガーッと都市の光景になってくる。こんなに開けているのか、とびっくりするほど開けている。そして、なんと東舞鶴は、高架駅で、完全に近代化されていた。駅のホームからのぞくも、見えるかなりの範囲が再開発がされている。「再開発とは、みんな同じ町にしてしまうことを言うのか?」とちょっと疑問に似た感じも覚える。あくまで、通りすがりの意見ですので、地元の方が、住みよろしいことが第一でしょうから、そうなっているのであれば、いいのですが。そして、異常にゲーム・ソフトが充実している駅前の中古ソフト屋さん(自分的には、東舞鶴駅前に中古ソフト屋があることも軽いショックなんですけれど、これも外野の勝手な感想。)で「宇野ゆう子のシャンソン・アルバム」なるものを発見。購入。こんなものがあるのなら許す(べつに、許すも何もないですが)。

|

« 豊中が豪雨 | トップページ | テレビ体操 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/11682816

この記事へのトラックバック一覧です: 東舞鶴の中古ソフト店:

« 豊中が豪雨 | トップページ | テレビ体操 »