« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月26日 (火)

それにしても夏は短かったと思う

統計的には、さほど、ということらしいのだが、今年は、自分には、暑い夏、というのは一瞬で終わった気がしてならない。ひょっとして、暑い夏に慣れきったか? さて、鹿島神宮から、小一時間待って、ようやく、本当に「銚子駅行き」バスは参りました。乗客はしばらくの間、自分ひとり。ずっと、町並みの間の小さな道をくねくねくねくねと走り続ける。そう、鹿島神宮から銚子までなんですが・・・ほぼ2時間弱もあり、しかも、べつに、海岸沿いを走る観光的サービスがある道があるわけでも全くなく、あくまで、地域住民のためのバスでありました(でも、延べ乗客20人はいなかった)。ラスト近くの銚子大橋が絶景だったのが、ひとつ。3時すぎに銚子駅着。またしても、ご飯ものは、もう頼めない時間帯。ちょっと歩いて、とにかく、開いている店、とそば屋さん発見。入ると、そこは、冷房じゃなくて、扇風機が活躍している店でした。もちろん、客は、今、入った自分ひとり。夫婦でやってらっしゃる店の模様。そばは自分チで打ってるよ、おいしいよ、と言われ、「野菜天ぷらそば」を頼む。お品書きで、なんとなく、おすすめ風に書かれてありましたので。てっきり、かき揚げ状のものがくるのかと思っていたら、さつまいも、にんじん、ピーマン、なす(もあったと思う)の個別の天ぷらが乗っているものでした。家庭天そばって感じで、逆に感動。こういうの、好きですので、ゆっくり味わう。そして、銚子電鉄です。後で、確認したら、「鉄子の旅」でも眞鍋かおり様をゲストに旅している路線でしたが、やはり、実際に実物を見ると、違う。例の通り、JR駅ホームの奥に間借りしたホーム。風車小屋風駅舎はJR銚子駅の延長線上にある。電車が来る。もう、絶対「わざと」骨董ものの電車がやってきた。冷房率0%を誇っている。窓が開け放たれ、電車は、結構、地元の人もいっぱい乗せて、ゆるゆる走る。すごいのは、(これも多分わざと)ちょっとした森の中を抜けるところを走る部分もあるのですが、線路も雑草に覆われていて、レールが結構「見えない」。なので、次、どっちに進むのか、初めての人間にはわかりづらい。両サイドに畑が展開するところを走るときは、結構な香り(匂い)もしてくる。犬吠埼灯台が見えるところで、自動アナウンスが入る。名物駅を幾駅かすぎ、終点の外川駅。これが、ぽつんと立っている駅舎がなんともすばらしい、まさしくローカル線の美しさを体現する終着駅。ちょっと、戻りの時間まであるので、駅から歩くと、すぐに下り坂があって、下っていくと、すぐそこが海、ということがわかり、ここをすぐ離れるのは惜しく、もう一本あとの電車にする。坂を下りきると、完全に漁港の景色。しばらく、自分の生活では接点のない「ふだんの漁港」の光景にたたずむ。町も、少し歩いてみる。坂の多いその町で、あちらこちらで地元の方の井戸端会議も見られる。駅に戻ると、おしいさんが犬の散歩をさせていた。こういう日常にジンとくる。そして、電車が入ってくる。後は、実は、変えるだけの時間になってしまっていた。銚子では、写真も、結構撮ってしまった。え、これ、何撮ったの?というような写真ばかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

100%ダンス

房総旅の途中ですが、今日のテレビ体操があまりにショッキングでしたので。あの岡本美佳講師。「う」炸裂しまくりでしたが、それよりも驚いたのは、あまりにも複雑な動きで、しかもいくつもの動きを重ねあわせる、という自分の中では体操史上見たことなかったもの。岡本先生は、このような回、結構、日常茶飯事なのでしょうか。複雑な動きで、かつ複合なので、はっきりいって「ダンスのレッスン」と化している。なんか、体操?している3人も、いつもより楽しそうに見える。ダンサー3人がダンスの手本を見せているかのよう。しかも、岡本講師の時は結構「体操をしながらお別れです」が多い。ひょっとしたら、木曜はこのパターン多いのか。「テレビ体操」でアバンギャルドなアプローチ、とは恐れ入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

昼飯がセブンティーンアイス

さて、茨城交通を堪能後、水戸に戻ると、鹿島臨海鉄道の接続がチョーよかったので、ひと息つかずに、ホームを早足で移動。発車ギリギリのの時間なので、当然、立ち乗り。混んでいる。ここは、かなり、ちゃんと足にしている地元の方も多いようです。外が見えないので(これでは意味がないので)、一番前に立つと、運転手(ワンマン)が女性でした。こういうことを「特筆」するのもなんなのだが、だから、こういうのを意識しないでいよう、と思っても、なんとなく、意識してしまう。なので、必要以上に、視線を向けないようにしよう、とする(ワンマンなので、各駅で、切符の受け取り(改札?)もする)。水戸を出て、しばらくずーっと高架上を走る鹿島臨海鉄道。ほんと、しばらく、ずーっとまっすぐ。途中(新鉾田だったかな)で運転手も、男性に交替し、こちらもリラックス(だから、意識しなくて、いいんだけれど)。意外に、窓の外に鹿島灘が広がる、ということはなく、試合がないため通過の「鹿島サッカースタジアム」駅も抜け、「鹿島神宮駅」へ。さすがに、いくらかは何かか駅前にあるだろう、と(たかをくくる?)考えていると(このまま鹿島線に乗ればよかったのに、バスで銚子へ抜けようと思ったのである)、これが小1時間ある。いつもなら、このぐらいで町散策なのですが、ななななんと、本当に、これまた、そこそこ整備された駅前なのですが、晴天下、何もない。唯一立っている喫茶もしまっている。朝から、軽いパンだけだったので、たべものたべもの・・・駅にある「セブンティーンアイス」の自販機しかない。食べたのは、何年ぶりだろう。アイスクリームを久々にがっついた。がっっくという表現で大丈夫なほどのペースで本当に食べた。そして、何もなくても仕方ないので、駅前散策をする。おしゃれなタイルで舗装された歩道が坂になって向こうに延びている。鹿島神宮への道のようである。10分ほど歩くと、鹿島神宮へ行く道の交差点にたどりつく。しかし、開いている食堂は見当たらない。戻る。坂の上から駅を見下ろすと、絶景といえば絶景だが、駅しかない。駅に戻って、「銚子駅行きバス」がくるのをしばらく待つ。その間に「東京駅行き高速バス」というのが、2便ほど去っていく。本当に来るのか銚子行きバス! ひょっとして、すでに廃止になっているのだが運行表がそのままになっていることではないか、と心配になってくる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月19日 (火)

3年前の花火まつり

出来事としては、9月5日のこと。朝は、立派な立派な近代化された水戸駅のビル中のパン屋の喫茶コーナーで朝食をとり、勝田へ。多くのローカル線/第3セクターがそうであるように、この勝田から出る「茨城交通」もJRのホームに間借りしつつも、いかにも、何か急に別世界のように、そのホームはありました。JRホームと同じホームを使いながら、柵がついている。起点でも駅員さんがいない駅もあるが、ここは駅員さんがずっと出張っている感じの改札(でいいんですよね)がちゃんとある。外は、かなりいい天気になっており、電車がやってくる。朝10時。10人足らずの乗客を乗せて、ゆっくりバスのように、走る。約30分強で、阿字ヶ浦に到着。すごい晴天。ここは、海水浴場最寄り駅らしい。駅舎もかわいらしく、こじんまりしていて、周りには、高い建物は何もなく、すぐ海なので、とにかく空が広く見える。ちょっと歩くと、すぐに海が見えてくる。でも、9月に入って、シーズン自体は終わっているよう。駅舎にポスターが貼ってあり、花火まつり。おお、にぎわっているのだな、とよくそのポスターを観ると、2003年とある。ここ3年は、花火大会、なかったのだろうか。ちょっとこの青空とかわいい駅舎のコントラストがうれしくてすごくて、つい何回もシャッターを押す。感動した。この日は感動しまくりだったので、分けて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

ユースケやトータスが食べている

昨日、もう一本観たものがありまして、これが「時かけ」とは対照的な位置も持つ『UDON』。先の欄で書いたとおり、「邦画は役者論ばかりになってしまう」話は、主にオダギリジョーであったり浅野忠信であったりが出演するものの多くに感じられるのですが、それらとは、またちょっと、『UDON』は違う。かなり「メジャーで撮ることの苦悩」みたいなものを感じる。役を演じているはずのユースケやトータスや小西真奈美が、その役に見えず、タレントとしてテレビに出ているときのそれと全く同じイメージなのだ。また、このうどんに関する話は、多くの人が知っていることだし、そこに主人公というフィクションを混ぜた感じだろう。このフィルムは既成のタレント・イメージを使用し、「ありそうな場面」(悪い意味ではなく、普通の人でも思い浮かべる、ありそうな場面)を積み重ねる。ストーリーとしては何かの続編な訳ではないが、「水戸黄門」や寅さんを見るときのような安心感が存在する。映画通がチェックしそうなワザは、そこには介入させない。「全ての映画には、きっと世界のどこかに、すごいファンがひとりはいる(持論)」とすれば、確かに、このフィルムにファンは多くいると思う。彼らは、映画を敷居の低いところで観ている人たち。だから、例えば、寅さん映画のファンのような。そして、寅さん映画がもう新作がない今、寅さんイズム的なものをもつ映画は意識して作られたし、ということで「ご当地映画」的位置もあるこの『UDON』はあるのだろう。その意味では『フラガール』も『夜のピクニック』も同じ位置で、立っている気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月12日 (火)

時をかける少女

すごく久々に観た映画は、やはり『時をかける少女』でございます。銚子の話もありますが、それは、のちほど。ものすごい勢いの口コミ状態になっている映画ですが、多くのアニメ・ファンがいうところの「良質のアニメだけれども、突出しているわけではない」という意見は当たっているように思います。悪いわけではありません。ものすごく良い。ただ「このぐらいのものすごく良いアニメは、実はいっぱい作られている」ということでしょう。例えば、5年ほど前から比べると、現在の日本映画はどうなっているか、というと、俳優について語られることがほぼ全てになってしまい、もちろん、俳優の個性は大事だけれども、(ぼんやりと、多くの映画ファンも考えて入るだろう)作品論的なところが、見えなくなってしまうのじゃないだろうか。アニメは、特に声優が匿名性を帯びてくると、余計に作品そのものに対するのめりこみに徹することが出来ます。2006年版「時かけ」は、雲の微妙な動きや、何度も登場する川べりのカットに代表される日常の描きこみが話題ですが、これについても、「日常の描きこみ」は、多くの優秀なアニメでは普通に行われていること。おそらく、この実写映画ファンもくすぐる"時かけ"という題材が、アニメを見慣れていない「実写映画ファン」を呼び込み、そして現在のアニメにおいては"当然"な時もあるこのクオリティに驚いたのではないか、と思うのです。そして、このストーリーは、非現実的な冒険ではありません。「日常をアニメで描くこと」の意味が実写映画ファンにも伝わったのかも。日常アニメ・ファンとしては、そう感じました。『ARIA』のネオ・ヴェネツィアや、『びんちょうタン』の山里の風景に感嘆する自分としましては。・・・ところで、多分、自分は、昔の時かけは見ていない。か、観たが覚えていない。なので、昔もおなじ仕掛けなのかもしれないが、坂道と川べりに代表される、「限定したシチュエーションの何度もの反復」は、グッとくるものがありましたが、ここで元祖時かけと共に『ビューティフル・ドリーマー』も思い出すかも。『ビューティフル・ドリーマー』の想起といえば涼宮ハルヒですが、ハルヒとドリーマーの想起は、ちょっと時かけのそれとは違う。思えるのは、ほぼまだ無名な俳優たちで、この同じストーリーを実写化すれば、ほぼ同様の感動はあるかもしれない、とも思います。しかし、これも思うに、アニメ化したからこそ、現状、多くの(邦画ファンより多いのではないか、乱暴な括りですが)アニメ・ファンも鑑賞し、賛辞を寄せた。この実写/アニメとものファンの数で、「すごい状況」に見えるようになったのじゃないでしょうか。アニメは「ガンダム」「エヴァンゲリオン」もしくはジブリ系の非現実的ファンタジーのためだけのツールではないのだ、ということが、そろそろ一般化するのでしょうか(もうとっくにしているかな)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月 7日 (木)

近代化された水戸

カシテツを引き返す頃には、すっかり真っ暗で、水戸についたら、あとは夕食、と思いましたが、ものすごい近代化されていてびっくり。地方とはいえ、大都市ですからね。完全に立体化?された駅、駅の出口も地上(空中?)で、陸橋のまま、隣接するビルへの歩道が続いている。シネコンとか、いろんなファッション・ビルとかに続いている。駅を出たところで、ストリートなベース奏者が覆面して、フュージョン風の曲を淡々と弾いている。結局パルコ(だったかな)の上階のカツ屋ですませる(東京にもある店)。陸橋の上から、昔の町並みが残っているような一角がないか見てみたが、見つからなかった。これは、昔から気づいていることなんだが、JRの駅前って、地元的に栄えているところは少なく、ちょっと駅前から外れないと、そういうところへは行けないんですけれどね。一度、ひと駅の滞在時間を2時間ぐらいで考えた行程を考えなくてはいけないな、と実感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

まけるなカシテツ

まず、先日の旅を完結。彦根の宿ですが、これが、旅史上最大の。「交通量多い幹線道路の真横」ということで、自分は、こういう騒音?気にならないので、普通に眠りましたが(NHKつけっぱなしで)、無理な人は無理でしょうねぇ。そして、なんと、どうも和室を改造した洋室で、どう見ても、靴を脱いであがる感じになっていて、ベッドも、ベッドなんだけれど、普通に「布団が敷いてある」のでした。これはこれでおもろいわい、と自分は楽しみましたけれど。

ということで、その2週間後、今度は、夏が終わりそうでやばいので、完全に終わらないうちに!と、いろいろ次の旅先を考えるも、西日本に本当は誘われるんだけれど、旅費がかさむので・・・房総の私鉄旅を敢行。そうして、ホテルを予約したら、すぐ、なんだか、房総だけ、最高気温も30度を下回るとかで、え~~え~っと思っていたら、実際は、晴れ晴れでした。1泊2日。とはいえ、初め、もろもろ野暮用済ませてからだったので、初めの目的地「石岡」についた時は、まず、何か食べよう、と探すも、夕方4時すぎ、とかで開いている店もなく(以前に館山で学習したろうが、)、奇跡的に、あけてらっしゃるそば屋発見。入ると、オヤジさんひとりで、長居している風の常連客風のおやじひとりと、座敷(全部で20人入れるかどうか、という店だが、半分が座敷になっている)側に、ひとり。3人目の客となる。ごはんものを注文すると「ごはんものは今はない」(こんな時間帯にご飯モノ頼んではいけないのだ、ということを学習)ということで天ぷらそばを注文。ただでさえ関東のつゆは黒いのに、さらに黒いつゆのそばが出てきた。「黒い天ぷらそば」。清張文学のようだ。天ぷらそばの陰に汚職事件が絡んでいるかのようだ(全く、関係ない話になってすみません)。別に、そばと汚職は関係ありません。そんなことはともかく、今回のひとつめ「鹿島鉄道」。房総の私鉄は、各私鉄、いろんな取材がされているようなので、どの放送で、どの線を見たのかの詳細が思い出せないでいます。石岡から、鉾田まで。もう、夕刻に乗ったため、途中からは車窓は夜でしたが、面白かったのが、夜になる前の、夕陽。車窓の右側に霞ヶ浦が展開して、なかなかの絶景の時があり、しかも、そこへ夕陽が沈む。さすがにジモティな女子高(中?)生もこれには感動したらしく「わー、やばいやばい、シャメシャメ!!」とシャメしまくっている。何回撮るんじゃい、と思うぐらい、夕陽をとっている。「明日もこれに乗ろうか」(時間帯、という意味だと思う。)「おそいよ」というやりとりも面白い。日常にも感動はあるんですな。こういう瞬間を見たいんですな。そして、終点の鉾田。真っ暗。駅舎でタイヤキを売っていたらしい形跡。だが、この夜なので、もう店は閉まっていた。この時間だから見れた光景もあれば、見れなかった光景もあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

おしゃれな長浜

鉄道、というより、ほとんど街めぐり的な話題になってきましたが(て、もともとはサントラ話題から始まったブログなのですが)、敦賀から、長浜へ。敦賀からすぐのループ線は、何度か乗ったことが昔あったのですが、記憶を呼び戻す。物凄い山奥を越える感じなので、ループなのか、すごく下ってるのか上がってるのか、よくわからない。すごいところを通っているのだ、ということしか自分にはわかりません。昔から思ってましたが、列車が上り坂、下り坂を通っているときの感覚がイマイチ、自分はよくつかめないのです。多分、すごく敏感な人はわかるのでしょうが(祖父は、わかるといっていた)。そして、長浜。米原直前で、ここで乗り換えとは、と思っていたら、なんか、電気関係の話なのですね。長浜直前で、(詳しくを忘れてしまいました)アナウンスがあり、一旦、車内が停電状態になる。ライトが消えて、おそらく冷房も止まる。そして、しばらくして、再開。そして、長浜到着。長浜にも、やはり駅前にダイエー/ニチイ的スーパー。少し入ってみるが、それよりも、いい感じだったのが、街並み。なんか、ひと昔(ふた昔、み昔)のモダンさな感じなのである。ここでも、小1時間しか時間を取っていなかったので、ちょっとこの感じを味わって、待合室へ。なんと待合室、冷房なし! NHKもなく、これはちょっと誤算。そして、米原経由で、宿を取った彦根へ。彦根。もう、幼い頃、一度通ったこと、絶対あるんですが、もちろん、街並みから何からいっぱい変わっている。駅は、地上に駅設備のある、「近代化」されたものだったのですが、駅前のさかな系居酒屋さんみたいなところで晩飯。こここが最高。テレビで阪神戦を映していて、お客さん何人かがそれを眺めている。こういうところ、大好きなのです、まったり、おしゃれでなくて。そこで、魚フライ定食を注文、定食自体は、感激的に普通(これがいい)なもので、こういうことも含めて、この雰囲気を楽しむ。そして、宿へ。宿の話は次。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

テレビ体操

ちょっと若狭話題中断でひとつ。NHKマニアとしては、江崎史恵アナもさることながら、気になるのが「テレビ体操」。今日(昨日)、「お元気ですか日本列島」録画ついでに録画された「テレビ体操」。かの岡本美佳指導による(多分、たしか、木曜は本来違う人だと思うので、夏休みか何かでの代役?)ものでしたが、これが3人全員というよりは、パーソナルに見せる、ちょっと変わった体操でした。しかも、パーソナルの名前がそれぞれ(いちいち)出る。なんか、体操番組として、異色作な時間でした。ところで、この岡本美佳女史、「う」を強調しますね。「何々しましょう」の「う」をきっちり「う」というのである。これに気づくと、もう、これが気になって仕方がない。

 ということで、東舞鶴つづき。結局、近代化されつつも、町並みはさほど長くない(自転車必要)な駅周辺を炎天下(かなり炎天下)がんばりたいところはがんばりたいのだが、本当に、面白いものは、時間がかかりそうだったので、目の前のショッピング・ビルに入る。ダイエー/ニチイっぽい大スーパー。食堂も、昼時とはいえ、結構、混んでいる。海老天卵とじ丼(だったかな、なんかそういう感じのもの)を急いでかきこみ、敦賀行へ乗車。この小浜線が面白かったのは、2両編成なのだが、前の1両しか扉が開かず、なおかつ、ローカル特有の、「扉は、自分で開ける」タイプ。なので、不慣れな人が、2両目で扉が開かないな、と戸惑っているうちに、列車が動き始めてしまうのでは、とひやひやする感じの方を数人見かける。何駅か行くと、その光景に慣れていると思われる、学生数人が、2両目の前に座り、2両目の扉でがんばる人を見かけるとすぐに「前しか開かないよ」とその都度、アドバイス?している。さすが、ジモティーだ。小浜線の車窓は、森アリ浜アリで最高。そして、「若狭湾/晴天満喫」なんだが、別に泳ぎに来ているわけでないところがまたよい(何がよいだ)。学生とレジャー客が行き交いまくる小浜線。ほかのローカル線にはない、なんかクールさを感じる。そして、敦賀に。1時間ちょっと、またまた町散策。ここも、栄えた頃の面影はありつつ、かなりの店がシャッターを閉めた形になっており、駅に近いところの土産店、ちょっといったところのまたまたショッピング・センター(ダイエー/ニチイ風)などを散策。ちょっと不思議な噴水(噴水風なのだが、ただ、地面を少し盛り下げたところに吹き付けている感じ)が気になる。そして、駅に戻る。次の駅散策は、長浜だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »