« お役所仕事 | トップページ | ポール・モーリア »

2006年10月19日 (木)

ビザール・モリコーネ

今週は、晴れに次ぐ晴れなんだけれども、休みじゃない日の疲労度が激しかったり、財力の限界も感じたり、で、なかなかインドア的なアウトドアもできないで悶々としているわけですが、なにかきっかけを、と思い2002年のコンピ『ビザール・モリコーネ』を聴きながら、書いております。そうですか、これが出たのが4年前ですから、この頃は、まだ「日本未公開サントラ音源」が珍しくなくなるギリギリの辺りだったのでしょうか。とすると、モリコーネを初めとするイタリアン・サントラ音源が「映画を観ているかどうかはともかく、サウンドがいいから聴く(薦める)」という動きが始まってから、10年ぐらいなんですよね。確かに、今では、その映画を観ているかどうかは、サントラを聴く尺度の中では、あまり(というかほとんど、ひょっとしたら全然)重きをおかなくなった感がある。より、多くの人が、サントラとそれをとりまく状況について「勉強/学習」した成果(弊害?)なのだろうけれど(サントラを映像と切り離して聴く行為を否定する作曲家の方もいるようですし)。今や、サントラは「映画音楽という名の下に、いわばやりたい放題な音楽の一形態」のイメージは確立されている。何か、最近作の傾向(特に邦画。アニメはそれに含まず)では、それが浸透して進化している観客を想像せず、相変わらず"一から説明しないといけないお客様"と錯覚して、観客を逆に遠ざけてしまうような企画ばかり出しているような気がするのですが、これはオッサン特有のグチに過ぎないのでしょうか。

|

« お役所仕事 | トップページ | ポール・モーリア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/12337158

この記事へのトラックバック一覧です: ビザール・モリコーネ:

« お役所仕事 | トップページ | ポール・モーリア »