« ビザール・モリコーネ | トップページ | 自分のペースが速いだけなんだろうか »

2006年11月 5日 (日)

ポール・モーリア

久しぶりに書くきっかけが、この便りというのも悲しいが、ポール・モーリアの訃報。自分にとっては、松本清張や太陽の塔のように、ひとつのアイデンティティを確立しているような人物だったため、よりどころが失われたような気分です。思えば、中学の頃、夏、学校から帰ってキンキンには冷えていない部屋で、フルではないボリュームでポール・モーリア、ジョニー・ピアソン、スティーヴン・シュラックス、アール・クルーなどを聴くのが快楽でした。中学で、この辺のサウンドの洗礼を受けているので、その後、ロックとかには行かない。ここで、自分の音楽の独特な部分はできあがったのかもしれない。モーリア・サウンドがその後、受け継がれている部分が、その後、探し出せていないのが悲しいですが。

|

« ビザール・モリコーネ | トップページ | 自分のペースが速いだけなんだろうか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/12557564

この記事へのトラックバック一覧です: ポール・モーリア:

» ポール・モーリア氏逝く [幸せをくれるテディベア]
暫く、更新が滞っていたこのブログ、もう少しお休みさせていただこうかと思っていましたが、ある悲しいニュースを知り、休んじゃいられないということで、復活です。 日本にも多くのファンを持つ、イージーリスニン... [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 03時26分

» ポール・モーリア氏、死去 [Premium Platinum Show]
 イージーリスニング作曲家のポール・モーリア(Paul Mauriat)さんが急性白血病のため享年81歳にして亡くなったそうです。  ポール・モーリアの名前は知らなくても、曲は絶対に聴いた事があると思います。例えば最も有名な... [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 23時08分

« ビザール・モリコーネ | トップページ | 自分のペースが速いだけなんだろうか »