« ゴーストバスターズ以来の傑作 | トップページ | ドラマを排除すればどうだっただろうか »

2007年1月31日 (水)

アニメ作曲家の使命

あまりにいいインタビューだったので。シンコーミュージックの声優系のムック『VOICHA』の平野綾が表紙の、あの中に、アニメ・ファンの味方(あのマジメな大学生っぽいルックスがまた人気の秘密なんでしょうね)、作曲家田中公平氏のインタビューが載ってますが、これがさすがな発言連発。芯が通っている。直接引用は避けますが、つまりは子供時代にしっかりとメロディのよさを教えるのがアニメ作曲家の使命だ、と。そして、最近はみんなリズムに走っているが、それは、幼い頃にメロディに出会っていないからだ、ということで『サクラ大戦』という力作になる、ということなのですが、さすが、ブレない男・田中公平です。考えれば、今、少年たちの興味の多くはゲームにあるが、確かに「FF」や「ドラクエ」には、感動的なメロディがある。『ブルードラゴン』の植松さんの音楽も、それは意識して書いているようなメロディがちゃんとある。だが。実写映画たちが少年の興味をなくならせたのは、やはりメロディが失われたからだ。今になって再度言うことでもないが、今の映画で(洋・邦問わず)メロディが思い浮かぶ映画はあるだろうか。そして、原体験がその後の感覚の多くを形成していくわけだから、アニメ作曲家(昔は映画音楽家もそれを担っていたはずですが)は大変な使命を帯びているわけである。

|

« ゴーストバスターズ以来の傑作 | トップページ | ドラマを排除すればどうだっただろうか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/13729668

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ作曲家の使命:

» FREEDOM [DIYで日曜大工]
FREEDOM 宇多田ヒカルのCMソングでおなじみのカップヌードルのコマーシャル。 あの中で妙に気になるのストーリーもののアニメのことですね。 [続きを読む]

受信: 2007年2月17日 (土) 15時03分

« ゴーストバスターズ以来の傑作 | トップページ | ドラマを排除すればどうだっただろうか »