« ハルヒと映画ファン | トップページ | 69歳とひだまりスケッチ »

2007年1月11日 (木)

描いていない部分とフタコイ

久しぶりに、試写をハシゴしました。『ドリームガールズ』と『SCIENCE OF SLEEP』。後者は、またしても、邦題がなじめないので、原題を。さて、『ドリームガールズ』は、ビヨンセを主役に据えた、と見せかけて、の手品のような映画。ドラマを感動させていくのは「主役になれなかった人間たち」のドラマの方で、これは確信犯的な演出/ストーリー展開。恋愛が成就していない時期の方が面白いのと同じで、成功者を見つつ、「成功できなかった自分」との葛藤が面白い。また、前半、後半をはっきり分かつかのような時間差のある部分があり、ここの「省略された部分」が気になる。

 そして『SCIENCE OF SLEEP』。これは、ゴンドリー作品に慣れている人からすれば、始終ニヤニヤする、これは完全に作家の個人映画。ゴダールやトリュフォーのヌーヴェルヴァーグ期の作品と相通ずる。よくよく考えれば難解な作品。自分は、ここ最近「難解な作品が少なくなった」と思っていたので、わからない人間は放っておかれる作品は心地良い。これにしても、きっと難解な作品は存在しないのではなくて、「日本で公開されなくなった」だけであろう。音楽にしろ、映画にしろ、書物にしろ、世に大きく出るものは、噛み応えの少ないものがほとんどに。このゴンドリー作品も、ゴンドリー作品を知らない10代が見れば、きっとぶっとぶに違いない。

 さて、自分の衝撃がまだ残っているのが、その前日にDVDで見た『フタコイ オルタナティブ』だった。今クールのアニメの中でも、作風が最も際立ったひとつと思われるのが『まなびストレート』。製作は、ユーフォーテーブル。定評らしい。すごく気になって、過去のシリーズを見たくなり、『フタコイ オルタナティブ』を手にした。もともとの原作は恋愛ゲームなのだが、それを解体して、主人公たちのキャラを生かして、まるまるアクション・コメディに書き換えてしまったまさにオルタナティブ。動きのある作画とテンポが売り、との評判どおり、ものすごいアクション・シーンの連続を独特のテンポで見せる。また、ストーリーを動かすキャラたちがそれらしいキャラじゃないギャップがこのアニメのミソ。なので、イラストやパッケージ・デザインなどだけだと、普通のラブ・コメに見える。独特の上品さと、孤高さがある。クレバーなスタッフたちが楽しんで作った感じが思い切り伝わってくる。この意外感は、本日の映画2本にはないわけですが、そんなところにベクトルがあるわけでもないだろうから、それはそれでよし。

|

« ハルヒと映画ファン | トップページ | 69歳とひだまりスケッチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/13430833

この記事へのトラックバック一覧です: 描いていない部分とフタコイ:

« ハルヒと映画ファン | トップページ | 69歳とひだまりスケッチ »