« ニュアンスの問題 | トップページ | 先に違う話題を »

2007年3月 5日 (月)

抑制

もともと今日観る予定はなかったのですが、予定変更で時間が空いたため、『善き人のためのソナタ』。久々に、意味のある邦題。そして、映画自体も、年に数本「本当にクレバーな人たちが作った映画」(特に根拠はないが、そんな観た印象)と思える映画があるが、まさに、これがそれ。時代が時代、設定が設定なため、必要以上に抑制することが、意味を持つことになっている。多くの日本映画の沈黙と違い、アート色の濃い沈黙ではない沈黙が支配する。それは、このドラマが「沈黙」し「態度を抑制」することが自然な状況だから。それにしても、このドラマほど、沈黙の意味が親しい意味を持ちえるものも珍しい。2人と1人の人間関係も、最近の映画にはない緊張感のある設定。昔のフランス映画あたりを思わせる。

|

« ニュアンスの問題 | トップページ | 先に違う話題を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/14147680

この記事へのトラックバック一覧です: 抑制:

« ニュアンスの問題 | トップページ | 先に違う話題を »