« ユートピア | トップページ | 青になりました »

2007年3月14日 (水)

身を任せる

昨年の不調?がウソのように、映画観まくっております。『あるスキャンダルの覚え書き』。このリチャード・エア氏の映画は『アイリス』とか観ていなかったので、この映画が通常と違うのか、この人のタッチなのかは不明だったのですが、非常に「面白く観る自分」と「面白く観てしまう自分をいさめる心」に迷うものでした。架空の物語の中での現実っぽいスキャンダルの上のスキャンダルは、演劇と映画を使い分けるその意味も分かる演出。覗き見趣味全開。役者は超一流揃いだから、これは真に迫る。確かに舞台劇として完成されたシリアスな素材をあえて、ドキュメンタリー・タッチで映画でやればどうなるか、というのは作るほうも楽しいに違いない。グラスの音楽はホラー。これが延々流れる。誰も殺されないホラーの一級品。

 そして『ハリウッドランド』。マルセロ・ザルボスの音楽は、どうしても、アイシャムも『ブラック・ダリア』で行った、『チャイナタウン』『LAコンフィデンシャル』のゴールドスミス・サウンドの呪縛にとらわれる。事件の真相を追うドラマからは何度か逸脱し、違う方向に興味を変える。ずるいストーリー作りで、これはこれでひとつのあり方とは思う。この決着の方法で終わる「推理ドラマ」ってどのぐらいあるのだろう。少なくとも、大勢には支持されないであろう大胆さではある。

 またしても、気に入っていた六本木の飯屋がなくなっていた。私が気に入るぐらいだから、繁盛はしていなかったのかもしれない(繁盛している店は嫌いな自分)。

|

« ユートピア | トップページ | 青になりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/14256171

この記事へのトラックバック一覧です: 身を任せる:

» 金星 人 [To]
金星人(きんせいじん)は、金星に住んでいるとされる、 架空の知的生命体。 [続きを読む]

受信: 2007年3月14日 (水) 09時42分

« ユートピア | トップページ | 青になりました »