« スゲー、クルマと一緒に電車が並んでる | トップページ | 懐かしい37年前 »

2007年8月15日 (水)

春日部駅の夕陽

やはり、今日もものすごいハレ様で、昨夜4時ぐらいまでかかって作業を終わっており、明日アサまでにしないといけないことも、一晩あれば何とか・・・と理由をつけて、また時刻表の地図と向き合って、・・・ありました、大宮からの「埼玉新都市交通」。ゆうどきネットワークなどでも紹介されていた、上越新幹線と併設して走るミニ交通。まずは、大宮へ。大宮って、駅構内自体がすごく広い。ちょっと名古屋駅も思い出す広さ。そして、長い。JR埼京線から、この新都市交通(ニューシャトル)の駅まで、かなりの距離を歩く。東京駅の京葉線乗り換えと変わらない規模。そして、改札出ると、そこがもうホームで、京急品川駅状態。この駅自体が、新幹線の高架真下に横にできている。モノレール風情(レールそのものもなく囲いに沿って走る感じのモノレールタイプ。)の交通システムならではの、ものすごいカーブを続けて、新幹線の横にピッタリつけての併走状態で、ひたすら進む。対抗線(途中まで複線)は、もう片方の新幹線横だから、この交通の線路?の対抗線自体とは、すごく距離が離れている。何せ、新幹線の脇を併走するわけだから、その後はカーブとかもほとんどなく、ほぼまっすぐ。車窓も、そういうことで、急展開することはない。ずっと高架ですし。そして30分ほどで、終点の内宿へ。ところで、この路線、テレビで紹介してはいるが、どの駅も駅前にすぐに何がしかの商店などがある、というわけではなく、周辺のそれらしき店を訪ねるには、それ相応の時間を用意したほうがよさそう。内宿駅を降りても、基本的に、普通の町ですから、地元の人たちが、自転車に乗って家路へ急いで行った後、ふらりと来た旅人にとっての何があるわけでもない。町内地図らしきものを見ると、このあたりは工場の町なのだな、とわかる。この頃、もう夕方5時すぎだったため、駅に戻る。さて、時間帯や、今日が盆休みということもあるからかもしれないが、ホームが異常に地方のローカル線風情をしっとりと漂わせている。90年に開通とあるので、17年か。いい感じになっているのですね。そして、大宮へ戻るところで、この路線のハイライトが加茂宮から大成の間で存在する。NTTビルがものすごい接近した箇所に建っているため、それを避けるため、ものすごい避け方をこの線路は行うのだ。急カーブして急下降して新幹線の高架下に一瞬もぐるのだ。これは、先頭車両か、後尾車両で見ると、すごいダイナミック。そして、大宮着。まだ明るかったので、気になっている春日部に一度、行ってみようと東武野田線へ。この東武野田線も、JRの脇から走っているので、第三セクターのローカル線のような風情だ。普通に混んでいる私鉄の一路線ですが。春日部駅。駅自体は、確かにすごい大きいターミナルですが、乗降客用の施設などは、最小限のムード。西口から降り、ざっと駅回りだけ歩いて、地元の人の波についていって、地下道くぐって東口の方へ。駅前のそば屋で「冷やし磯そば」(何が入っているんだ?)を頼むと、わかめともずく?が入っていた。そして、三角屋根の東口から帰路へ。春日部から秋葉原って、乗り入れているから、時間はちょっとかかるけれど、一本でいけるんですね。

|

« スゲー、クルマと一緒に電車が並んでる | トップページ | 懐かしい37年前 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/16127645

この記事へのトラックバック一覧です: 春日部駅の夕陽:

« スゲー、クルマと一緒に電車が並んでる | トップページ | 懐かしい37年前 »