« 景色のストーリー性 | トップページ | アンチギャグアニメ »

2008年1月23日 (水)

ほっとするのかしないのか

あと何回かはたずねておこう、と、ようやく、日々のバタバタがちょっとおさまった昨日、すみや渋谷店へ。いつもと同じでした。ちょっと恐れていた、ほとんどが品切れになっている、という状態でもなく、いつものすみや渋谷店。しかし、気づいたのは、自分が、この店を知った頃の20数年前のワクワク感とはなんだったか。それは、マニアックな30年前の作品の初音盤化とかではなく、ほぼリアルタイムの新作の作品の、本国でだけレコード(CD)が出ているらしい、と知ったときの興奮だったと思う。とすると、現在のこのワクワクがなくなった一因は、「世界のいろんな話題作、が"劇場公開"されなくなった」ということと、自分が、劇場公開作への関心が薄れた(ほぼなくなった)ということもあるかと思われる。そして、その前者と後者は関係している。昔はよかったとは言いたくないですが、「いやあ、昔はよかった」。アメリカ、イギリス、フランスなどで、ちょっと話題になっていても、ほとんど日本で公開されることのない「話題作」。これらは、実はCDは出ている。しかし、作品自体が話題にならないので、サントラも盛り上ることがない。何しろ、見ていないわけですから、すでに知名度のあるコンポーザーによるもの、などでない限り、まず、すぐに思い出せなくなってしまう。・・・・これが、20数年前の、まだ「新しいサントラ・ファン」を生み出していた状況と、今の違いではないだろうか、と思います。

|

« 景色のストーリー性 | トップページ | アンチギャグアニメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/17791915

この記事へのトラックバック一覧です: ほっとするのかしないのか:

« 景色のストーリー性 | トップページ | アンチギャグアニメ »