« ブルーベリー・パイとチョココルネ | トップページ | 20時少し前の状態 »

2008年1月31日 (木)

ゴダールとシャーリー・マクレーン

今日は、久しぶりに試写室で映画2本鑑賞。昔は3本ハシゴも日常茶飯事だったことを思うと、自分の映画への情熱は?...?...と思うのですが、その分、アニメその他への現在の興味があることを踏まえて、改めて映画を眺めていると、なんだか、故郷に戻ったような懐かしさがある。映画、というだけで、もうそんな安らぎがある。『パラノイド・パーク』を渋谷のショウゲート試写室で。ガス・ヴァン・サントの映画を見に来て、席を確保して、30分弱の時間を近くのアニメイトへ時間をつぶしに行く人間は他にはいないだろう、なんて思いながら、初音ミクのCDを買うのを思いとどまって、戻って鑑賞。当初、『エレファント』PART2みたいなものでは?(エレファントは好きな映画ですけれど)と思っていたが、それはすぐに払拭。音楽が抑制的に流れたエレファントと違い、音楽のない瞬間は怖いとばかり、何がしかの音楽を流し続けようとし、長回しではなく、さまざまな手法を駆使する。アンチ・エレファントな作風だ。しかし、同じ瞬間を何度もリピートし、全体の輪郭を少しずつ作り上げる部分は同じ。エレファントの第三者的視点と違い、今回は、加害者の心理に根ざした表現だから、意味合いは違う。しかし、「思い出したくないところは、記憶から喪失する」かのようなシーンの喪失が少しずつ復元されるのはさすが。数分間の出来事をリピートさせるために、90分弱を見せるというのもすごい。そうそう、そして、音とシーンのズレや、構図などが、ちょっとゴダールを思い出したような気がした。『カルメンという名の女』や『ヌーヴェルヴァーグ』の頃のゴダール。もう一度、見直してみたいな、と。

そして、もうひとつが『プライスレス 素敵な恋の見つけ方』。まあ、すごい邦題ですが、これだったら、プライスレスを抜いて、日本語だけのタイトルの方が、よりそれっぽかっさたかも。オドレイ・トトゥが予想以上に素肌露出度高いこのラブ・コメディ。まだ、コメディエンヌとしては、リラックスしていない気もするのですが、とにかく、理屈抜き娯楽映画を見ようと心構えしている人間には、いい感じの映画。後半の色彩がだんだん60年代後半のハリウッド・ラブコメを思い出し始めて、そういえば、60年代とかで、オドレイ・トトゥの役をシャーリー・マクレーンあたりが演じて楽しかったりするんだろうな(ちょっと前のハリウッドだったら、キャメロン・ディアスなのかな)なんて考え始めたりして、なら、音楽は、マンシーニかニール・ヘフティだな、なんて思ったものですから、そりゃその巨匠ふたりに比べたら、バズバズの音楽は、ひとつ抜けていないわけで。もったいないのは、これは制作側の要求からなのか、メロディを生む側なのか。この作品だったら、キャッチーでかわいい主題歌ひとつで、作品の印象度も数段変わるだろうところを、なんて、ちょっと悔しがりながらエンドロールを眺めていました。全体的には楽しい映画なので、余計に。

|

« ブルーベリー・パイとチョココルネ | トップページ | 20時少し前の状態 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/17906230

この記事へのトラックバック一覧です: ゴダールとシャーリー・マクレーン:

« ブルーベリー・パイとチョココルネ | トップページ | 20時少し前の状態 »