« アンチギャグアニメ | トップページ | 時間がわからない »

2008年1月25日 (金)

許される非日常的日常

KEY/ビジュアルアーツ原作のアニメを見ていると、いずれも思うのです。そして、それは否定ではないのですが、このビジュアルアーツの世界での登場人物たちの思考プロセス、そして人間性(この世界の中での人間性)が、現実?の言動とはかなり離れた方向が、その世界ではナチュラル的に語られる。今は『CLANNAD』を見ているわけですが、その、人間性、日常性のデフォルメが多様される。いきなり、このアニメを見れば「なんだこれは?」ということにおそらくなりうる。これは、ファンと作り手の、ギャグに似た(そこにユーモアはないのですが)お約束が無数に存在しているのです。アニメは、多かれ少なかれ、この手法はよくありますが、SFなどではなく、『CLANNAD』のように日常を淡々とつづるストーリーの中にお約束がいっぱい、というのは、これはある意味、新しい流れなのかもしれません。

|

« アンチギャグアニメ | トップページ | 時間がわからない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/17825543

この記事へのトラックバック一覧です: 許される非日常的日常:

« アンチギャグアニメ | トップページ | 時間がわからない »