« ゴダールとシャーリー・マクレーン | トップページ | インパクト »

2008年2月 1日 (金)

20時少し前の状態

すみや渋谷店に着いたのは、18時30分すぎぐらいだったと思います。予想通り、まるで鉄道ファンの閉線前夜のような状態(自分も、過去に東横線の桜木町駅へ体験しに行ってます)になりかけていて、かなりのお客さんの数。もう、実際に、品物を物色するのが第一目的ではないですから、ほとんどコーナーにはもう残っていない、数少ないCDを隅から隅まで、見ながら、時間をすごす。そう、「この店で時間を過ごすということが、もう今日が最後」ということだからです。そうこうするうち、20時前後ぐらいが、もっともピークだったでしょうか、みなさん、言っておられたが「こんなに、この店に人がいるのを見たのは初めてだ」、そして、今日は、そうなるだろう、という期待と、そうなってくれたことへの安堵みたいな雰囲気。まさに、鉄道ファンのもつ、あの雰囲気と同じ。ただ、サントラ・ファンにとっては、同じような店があるわけではないので、この雰囲気が味わえるときは、もう、ないのである。明日には、あの場所に店は開いていないのだ。それは、不思議な感じがする。

|

« ゴダールとシャーリー・マクレーン | トップページ | インパクト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/17915230

この記事へのトラックバック一覧です: 20時少し前の状態:

« ゴダールとシャーリー・マクレーン | トップページ | インパクト »