« リアルな意味不明BGM | トップページ | 公開される2つの映画 »

2008年2月27日 (水)

感情を見せるということ

日本映画を2つ見ました。『山桜』と『ぐるりのこと。』いずれも、恋愛についての映画、といえば、大雑把にあたりでしょう。前者は、時代劇ではあるけれども、庄内の(もちろん、現代の)自然情景をふんだんにフィルムに収めている作品。田中麗奈の主人公が、東山紀之の武士を慕う物語だが、これが不思議なのが、(以下、ネタバレです)、その恋愛は現代的に言って、成就しているわけではないのに、ヒロインが幸福そうである、ということ。そして、それにどこか説得力がある、ということ。なんか、現代の日本を思わせるような舞台背景などもそこにはあるものの、一見、そのめまぐるしくかわる状況を知ってかしらずか、たたずんでいるヒロインが後半になって、大きな存在に思えてくる。そりゃヒロインですから。

もうひとつの『ぐるりのこと。』これがなかなか難しい。というのは、一組の夫婦(籍は入れているのだろうか、入れていないのかも。少なくとも、結婚式は挙げていなさそう)の10年余りのいろんな一日を描いていく。いつか、見たいドラマとして、いつも自分があげている「例えばウルトラマンが、一匹怪獣を倒してから、家に帰ってきて、家族にその話をする。その家族との会話のみで、その時のウルトラマンと怪獣のドラマを表現する」というものですが、つまり、大きな事件が随所にあるはずなのに、その事件そのものは描かない、というものだ。『レザボアドッグス』もまあいえば、そのひとつですが、『ぐるりのこと。』も、そこに近いものがある。ただ一箇所、激しい感情のぶつけあいがある。自分としては、これも、あってほしくなかった。ぼんやりとしたカップルの話の行間に、深いドラマを常に感じるものであってほしかった。かなり、その要求には近ずいている。それがなぜよいか、というと・・・・ああそうか、この映画は、後に、この夫婦が「個人的に、今も忘れられない瞬間」をつないだシーンの蓄積、という映画なのだろう。かなり、感傷的な作品だが、それは全然OKである。音楽は、つけてほしくなかった。イメージを固定させてしまうメロディだったので。

|

« リアルな意味不明BGM | トップページ | 公開される2つの映画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/40293712

この記事へのトラックバック一覧です: 感情を見せるということ:

« リアルな意味不明BGM | トップページ | 公開される2つの映画 »