« 大変中毒 | トップページ | イベントのドキュメンタリー »

2008年2月 8日 (金)

無限に広がる大宇宙

宇宙といえば、無限に広がるが、さて、先日、正月の深夜に見たドキュメンタリー「ウェイクアップコール」が再放送されていた。名ドキュメンタリーです。歴々の宇宙飛行士の朝の起床のためにヒューストンが流すという、”ウェイクアップコール”としての音楽。サッチモからロッキーからロバータ・フラックからトトロ、スマップまで。この番組のほとんどの映像は、宇宙のSF的な画面なのに、そこに常にスタンダードな人間臭いポピュラー音楽が流れ続ける。唯一、2001年のウェイクアップコールとして使われた「2001年宇宙の旅」にも使用された美しき青きドナウはSF的なのだが、その前にキューブリックがSFにドナウを使っているところがSF的でないわけで。喪失のドラマも、中には出てくるが、総じては、喪失ではないところで、感動を生み出そうとしている。

さて、『陰日向に咲く』を見た。一見、喪失ではない所で感動を起こさせているように見えて、そうではなく、ちょっとドラマの構成は複雑だが、時系列で考えると、いずれもが、とある”すばらしい女性の喪失”に端を発している。いくつかのドラマが交錯する中で唯一、アイドルと熱狂的ファンの青年のエピソードは、積極的消極性のような、現実的な終結を見せ、リアル。基本は、ちょっとした夢物語。「マグノリア」ですね。

|

« 大変中毒 | トップページ | イベントのドキュメンタリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/40040494

この記事へのトラックバック一覧です: 無限に広がる大宇宙:

« 大変中毒 | トップページ | イベントのドキュメンタリー »