« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年4月 4日 (金)

温泉

そして、最終日。以前に山形に来た時、確かここで夕食をとったガストでモーニング・セットを。10時36分山形発の仙山線。これは、なかなか落ち着いて座れまして、進行方向に向って座席のあるタイプなので、車窓もゆっくり楽しめる(家族連れが賑やかだったけれども)。これが、意外にも、かなり豪快なところを通る路線で、1時間30分弱の旅の中で、中盤の車窓が、この駅の利用客はいるのか!?的なすごい駅も登場する。仙台は12時すぎに着。次に、阿武隈急行に乗るつもりながら、その始点の槻木方面の列車が1時すぎまでないため、仙台の街へ。といっても、仙台は都会ですから、しゃれたビルではなく、一番歴史がありそうな建物のショッピング・ビルの中の書店の上のコミック/アニメ・コーナーへ。かなり精密な品揃えでちょっと驚く。そして、駅へ戻って、槻木へ。接続時間ほとんどなく、陸橋を足早に。さて、東北は雨だが、仙台はくもり、という微妙な天気予報だったのですが、電車が動き始めてすぐ、かなり土砂降りになってくる。初め、丸森あたりで一度降りようか、と思っていたのですが、どうも寒くなってきたし、雨だし、で、同じ電車に乗り続けることにする。ローカル線は、昔から開業していた区間と、しばらく経ってから延長された区間がある場合、その、過去の終着駅を出たすぐ、というのは、すごい景色であることが多いが(線路を敷くのが困難だからこそ、そこで一旦とまったのであろうと思われる)、丸森を出るとすぐ、それまでと一転した刺激のある車窓に変わる。阿武隈川沿いに、ダイナミックな車窓がしばらく続き、その後、駅間の短い、バス感覚な駅間が続く。このころには、すっかり晴れ上がる。福島着。これまた、朝以降食べていないので、2日前に食べ逃している駅ビルの店の中で、そばは遠慮したかったので(しかも混んでいて、タバコの煙ももうもうとしていた)、ちょっと苦手なのだが、まぐろ丼の店で、海鮮丼を食べる。地元の漁業組合直営みたいな感じのことが書いてあり、そこも気を引いた。

そして、この線は、2日前に福島駅に降り立つまでノーチェックだった「福島交通飯坂線」。2両。これは完全にバス感覚の地元路線。これも、町を縫って通る線だが、終点の飯坂温泉直前は、ちょっとダイナミックになる。車内アナウンスの女性の声のこもり方が、いかもの味を出している。飯坂温泉駅の改札を出て、階段を上がる。いかにも、温泉な駅で、いい雰囲気だったので、ちょっと駅を離れて歩く。といっても、10分少しで、同じ道を戻るのですが。帰りは、雰囲気を楽しみたくて、目を閉じて(まあ、眠ってもかまわない)、音を楽しむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 3日 (木)

盆地

翌日。ほんと、怠惰でして、なんとか早起きせずに済むようにしたいプランを考える。駅の1Fの本屋の隣にあるカフェでちょっと朝食して、山形新幹線へ。といっても、奥羽本線の急行でしょう、これは。本当は、各駅停車で全然いいんだけれども、この時間帯、それしか走っていないので、新幹線を使って、赤湯へ。新幹線といっても、在来線をゆっくり走る新幹線なんですけれどね。赤湯に11時23分。いつものようにわざと1時間ぐらい作ってあって、長井線は12時16分のものに乗る予定。だが、ちょっと近代的な駅舎を出て、やはり、何もない。まん前に土産物屋はあって、そこでちょっと自分用のものとかを買う。なんか、町のあちこちのスピーカー?から、聴いたことのある悲しげなメロディが流れていて、うーん、これどっかで聴いたことある、どこかの民謡かなんかだったかな、とちょっと気持ち悪い状態があり、しばらくして思い出す。スノーマンのテーマだ。そう、なぜか、町にはスノーマンのメロディが流れている。何もない駅前なので、駅で過ごす。駅の売店がかなり広く、そこでシーチキンサンドとちゃんと銘打っているサンドイッチを買って、これまた、かなりゆったりとした待合室でNHKを見ながら食べる。名物、といってカツサンドと駅弁を売ってましたが、天邪鬼なもので、それは買わず。そして、長井線。通勤型の椅子配置の車両で2両。学生で、そこそこ席が埋まっている。春休みといえども、ローカル線はやっぱり学生だ。さて、路線図を見る限りでは、相当凄いところを通るのかと思っていたら、そんなことはなく、そう、山形のこのあたりは、盆地なんですよね。かなり平地をまっすぐ進んでいく。見渡すは、田んぼ(と思う)がひたすら視界に広がっている。南長井か、で、一気に乗客は降りてしまい、そこからは、かなり車内は落ち着いている。ほとんど平地を走っていたが、最後の荒砥に行くまでが、結構なところをかなり通って、終点の荒砥。荒砥でも1時間見ているのですが、これがまた、何もなさそう。しばらく歩くと、上に国道が通っている。国道沿いには、多分、何かある。・・・・が、多分あったであろう閉まった店がちらほら見つかる。15分ほど歩いて、ようやくA-COOP発見。A-COOPは心強い。こんな感じの土地で必ず見つかる。ちょうど、景観や、駅からの距離など、高千穂を思い出して、懐かしい。

要はこれまた、食べるところを探していたわけで、そのA-COOPの中に、仕出し寿司の店があって、そこがついで?にラーメンを出している構え。ということで、ラーメンを注文。普通の醤油ラーメンですが、こういう行き着いてのラーメンはまた格別。しばらくA-COOP内も、地元牛乳とか調べていると、もう、時間がやばくなっていて、あわてて駅に向う。帰りは、向かい合わせのタイプの座席の車両で、ゆっくり車窓を楽しむ。

さて、赤湯着で、ここから山形行きは各駅停車をさすがに使えた。そして、山形で、ここは接続時間ほとんどなく、すぐ乗り換え。左沢線。これまたびっくり。まあ、この線、第三セクターになっていないぐらいだから、か、4両。座ることは出来たが、かなり混んでいる。また、この線は、ほとんど住宅街を走っている感じ。しかし、ここも、途中の寒河江でほとんどが降り、終点まで乗っている人数は少ない。こちらは、到着時間が17時すぎなため、一本待つと、もう真っ暗になってしまう。そのため、駅舎の中にちょっとした郷土民芸館的な作りになっていて気になったのですが、7分後の折り返しに乗車。山形には18時前に到着。今度は、ゆっくり食べよう、と思い、洒落た駅ビルの中ではなく、その駅ビルとも続いているちょっと古びたビルの2Fにある、いかにも学生さん目あてなラーメン店に入る。ここも、大画面のテレビでNHK放映中で、この雰囲気が大好きです。頼んだのはカレーラーメン。まさしく、塩?ラーメンにカレールーをかけたもの。生ビールも頼みたかったが、どうせホテルで落ち着いても飲むので、ここではやめておく。そのあと、駅ビルをしばらく散策(このビルは一度来ている、とあとで気づく。閉店時間が早いのだ)、そして閉店の19時30分。ホテルへ。このホテルの前の地元デパートも19時30分閉店で悔しく、ホテルで一息ついた後で、結局コンビニで夜食とビールを買う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島に21時30分頃

今年に入って、初の本格的な”乗り”に。今回は山形方面へ。初め、新幹線使わずに、福島まで行く予定だったのですが、やはり、もうなんだかんだで横浜を発ったのが15時30分すぎ。新宿湘南ライン使ったら早いだろう、と思って、いきあたりばったりなことを考えていたら、ちょうど来たのが宇都宮行き。ということで、終点まで乗ることにする。・・・といっても、宇都宮で、もう夕方の6時ちょい前。今日は、まだほとんど食事らしい食事をしていなかったこともあり、かつ、時刻表で調べると、確かに、普通を乗り継いで、今日中に福島にはつけるが、暗闇の長旅で、着が9時30分前。これは、かなりやる気がうせて、早くも意志弱く、新幹線使うことを考える。その前に腹ごしらえで、以前に宇都宮を使ったときに、その店には入らなかった駅そば風立ち食いそば屋に入る。これがなかなかで、多分、そば粉率の高い、今まで立ち食いそばを食べた中では一番高級感のするそばでした。まあ、天玉そばにおにぎりですが。そして、新幹線を宇都宮から福島まで。福島についてのは19時30分すぎ。福島で降り立ったのは、多分初めてと思いますが、その駅ビルのしっかりぶりに驚き。かなり、地元のスーパー的な役割をしっかり備えた駅ビルで、ファーストフードや輸入食品(ここで、宿で飲む用にイタリアン・ビールを購入)店や、マツモトキヨシ(ここでぺラック購入)まであり、かつ、なんとそのビルの4Fにアニメイトまである。アニメイトのある駅ビルは初めてだ。しまったのは、その後、めし屋を探して(こっちは東口なのだが)西口のほうにも地下道伝って散策しに行ったり(この地下道が、やたらと広告のにぎやかな地下道で)来たりしているうちに20時に。総菜屋などもかなりあったのだが、あれよあれよという間に閉店してしまう。あらら食べるものが。選択肢が回転寿司しかなくなり(ここが開いていてよかった)、そこで済ませる。そして、ホテルへ、なのですが、これがもうまさに駅に近いというか、真向かいの建物がそのめざすホテル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »