« プラモデル的印象の渋谷駅 | トップページ | 明宝会館 »

2008年6月24日 (火)

金沢八景でのちょっとした後悔

舎人ライナーのことを調べていて知った(ということは、今まで気づいていなかった)モノレール風軌道の横浜新都市交通に乗りに行く。京急といえば、あの京急の親しみやすい雰囲気は悪くなく、品川から横浜までの移動も、時間に制限がなかったらJRでなく京急を使うようになってきた。で、横浜から西へ行く方向は、まだ一二度しか乗っていないので、これも新鮮なのですが、初めて降りる金沢八景駅。なかなか庶民の歴史を感じさせる店が駅前には多かったのですが、そこから、てっきり駅ビル的なビルにたどり着く陸橋と思って上がると、そのビルの横は通るが、そのビルには通じておらず、めざすモノレール?の金沢八景駅に通じているだけのものだった。おっと、これだったら、もう少し駅前を散策するべきだった、と後悔しつつ、ホームへ。この金沢八景駅。ほとんど海の上にある感じで、見下ろすと、海である。そして、この無人モノレール?が、あっという間にすぐ来る。この走行数の多さがいいのかもしれない。何しろ、平日の午後4時とかいう時間ですから、乗客はまばらでまったりとしている。走り出すと、本当にシーサイドラインというだけあって、視界いっぱい海と工場でかなり絶景。いくつか止まると、八景島駅もある。八景島シーパラダイス。当初降りる気まんまんだったのですが、そのシーパラダイス(へ行く気はなく、その手前までだけ行く気だったのですが)まで、ちょっと駅から歩く感じが見えたので(すなわち、駅前には何もない)、降車を取り消し、結局そのまま終点の新杉田まで。本当に、工場地帯の真上を縫うように走る線で、これは通勤時間帯は混雑するだろうな、というのが想像できる。新杉田の駅ホームもいい感じ。ちょっと新杉田駅周辺を散策、都市圏にもある有名チェーンの店がやはり多い中で、駅の隣の商業施設の中で見慣れないカレー屋を見つけて、そこでハンバーグカレー。異常にキャベツが盛られてきた。なかなか晴れた夕方で、このモノレール?からの景色もよいものでした。

|

« プラモデル的印象の渋谷駅 | トップページ | 明宝会館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/41635417

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢八景でのちょっとした後悔:

« プラモデル的印象の渋谷駅 | トップページ | 明宝会館 »