« ピーマンじゃなくて多分パクチー? | トップページ | カタリクチ、カタリクチ »

2008年12月 9日 (火)

展示物を見て回る

『ホルテンさんのはじめての冒険』拝見。人間には、謎の多い人とそうでもない人がいる。謎の多い人、というのは、考えてみれば、その人が誰であるかを知っている人と共にいる時間の比較的少ない人、をさすのだな、ということをこの映画で確認しました。「妨げられないで思考的作業を多く行うには、他人といる時間は少ないほうがいい」旨を書いていたのは、島田雅彦だったか、島田荘司だったか。ともに、好きな作家ですが。ホルテンさんは、一見、謎の生真面目人間ですが、とある夜から、始まってしまう”冒険”は、決して冒険というよりは、展覧会を長い時間かけてみているような緩やかさと、何気ない思考がある。自分ではなく、周りの景色であったり、人物であったりの奇妙な事柄の数々と偶然あいつつも、それら通しにはつながりはないので、ホルテンさんが、この夜、どういう体験をしたかは、観客だけが見ている感じである。後半は、自身の過去を投影して、ちょっと惑星ソラリスか愛に関する短いフィルムのような、ちょっと感動のアクセントがあるが、それらに興味を示す人間が特にいるわけでもなく、また、興味を示してもらう人間がいる、ということに価値を見出しているかどうかもわからない。ホルテンさんは、唯一?心を通わそうとしている女性がいるようだが。この、ひとりの人間を通して、様々な世界を傍観するストーリー(ほとんどストーリーというほどのしっかりしたものでもないと思う)は、なにか、ひとつのジャンル化されているような気がする。『泳ぐひと』しか、今は具体的に思い浮かびませんが。この「ただ、見ている」というのは、刺激的なもののように思える。
帰りに、新橋の、秋に出来た鳥取の物産館と、近くのせとうちの物産館によって、新橋だからポン・ヌッフ、のポン・ヌッフで立ち食いうどんする。店の名前が好きなため、ついつい行きたい店であります。そして、このあたりで試写を見た後の最近の定番、東京駅八重洲の大丸ノースタワーのデパチカ・ゾーンで、今日は、早い時間帯だったからか(18時代)、鳥皮しおもあれば、なんと天ぷら屋には、たまねぎの天ぷらもあった。ここのは、半月切にして、楊枝に刺していた。たまねぎの天ぷらは、なかなか置いているところがないと嘆いていたら、少し前に、渋谷東急の地下で発見し、そこは、定期的に通うようになったが、しかも、そこは、季節ものとして、カリフラワーも予定されているらしい。デパチカ天ぷらシーンから目が離せない。

|

« ピーマンじゃなくて多分パクチー? | トップページ | カタリクチ、カタリクチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/43370103

この記事へのトラックバック一覧です: 展示物を見て回る:

« ピーマンじゃなくて多分パクチー? | トップページ | カタリクチ、カタリクチ »