« せめぎあい、より、しのびあい | トップページ | 展示物を見て回る »

2008年12月 2日 (火)

ピーマンじゃなくて多分パクチー?

『エレジー』『ラーメンガール』拝見。前者は、自分としては、なんとも、見ている自分、というものがソワソワしてくる感じ。ひょっとしたら、そうではないかもしれない期待を時に考えて、敢えてこのような作品を見るが、言わば「自分の考えるとおりの映画」ではあったかと思える。ものすごく行儀が良く、けっして醜くならない映画。ある意味、そこが醜いかもしれない。「あなたの欠点は、欠点がないことよ」。登場人物たちの置かれた状況を冷静に考えると、いずれも、正気ではいられないような状況のはずなのだ。なのだが、登場人物たちは、自分たちが「美しい」ということを自覚している。それは、主人公たちに関してはセリフにも出てくる。全人生について、演技をしている感覚なのだろう。そういった人物たちが出てくる物語ですから、監督自身がおそらく選曲している既成曲による音楽も、情景音楽として使われるクラシックにしても「今、登場人物たちの心の中で鳴っている音楽」ぐらいの感覚でも説得力がある。あまりにも、自分たちを客観的に見る登場人物たち。『死ぬまでにしたい10のこと』を見た記憶は彼方なのですが、本当はそんなに美しくないはずのものを美しく描写する、という考えは、この監督の一貫したものなのかもしれない。それが、一流スター俳優たちによって、完成するわけだから、完璧すぎてしまうのかもしれない。リアルさは全くないが、それがどうした、これはファンタジーです、という感じです。
そして『ラーメンガール』。これは、全く別件で、音楽のカルロ・シリオットについて調べていた途中で知った謎の映画。ブリタニー・マーフィーと西田敏行共演?ラーメンガール?しかし、これらのキーワードだけで想像される映画とほぼ想像通りの作品でした。これは、別の意味で楽しかった。まさか、そんなことはないだろう、そういう感じだったら面白いけれど、と思ったら、本当にそういう映画だったのです。そこには、今では、ちょっと懐かしくなってしまった勘違いニッポン的な表現や、どストライクゾーンなアメリカン・ガールとしての描き方など、ストーリーは初めてのストーリーなれど、水戸黄門的な快感に満ちている。音楽は、なぜかピオヴァーニっぽい。なんだか、両極的な楽しみの作品の2本のようでした。

|

« せめぎあい、より、しのびあい | トップページ | 展示物を見て回る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/43303693

この記事へのトラックバック一覧です: ピーマンじゃなくて多分パクチー?:

« せめぎあい、より、しのびあい | トップページ | 展示物を見て回る »