« カタリクチ、カタリクチ | トップページ | 激しいデジャヴュ »

2009年1月 7日 (水)

ご利用くださいませ!!

JR恵比寿駅のエスカレーターがいい感じです。改札入ってから、ホームまでのエスカレーター(1Fからも、5F?からのも両方)の両脇の見える側に、ホームまでの場合、電車に乗っての行き先ごとの案内(所要分数)を、ホームからのエスカレーターには、恵比寿駅を降りての、各方面への最寄の出口の案内がいくつものパネルに分かれて表示が続く。例えば「渋谷へは」「1番線を」(本当は2番かもしれません。これは喩えの話です)、「ガーデンプレイスへは」「東出口を」(本当は西出口かもしれません。これは喩えの話です)と表示パネルを目で追って、〆が「ご利用くださいませ!!(あと♪もついている)」と続く。いいのが、出口案内のほうで、こっちの出口ではない方の説明が「ちなみに」と余談のように続けられることで、間違う人からすれば「それを先に言えよ」的な感じはするのですが、いずれにせよ、エスカレータヘは乗っちゃっているので、最後まで乗ってから引き返すしかないですね。
さて、『レボリューショナリー・ロード』拝見。サム・メンデスは『ロード・トゥ・パーディション』を未見なので、映画すべてがそうかどうかはわからないが、基本的には、大変なことが行われていることを淡々と描写する恐ろしさがあったように思える。今回の作品は、これはそのギャップは狙っているのだろうが、作品自体を包む暖かく白く平和なトーンの画面、一見、穏やかな風景の中で、主人公たちは、かなりの「熱演」をする。「熱演」はオーバーアクションのことではない云々は、以前、ちょっとそれによってオーバーアクションのものは影を潜めていた感じはしていたのですが、これは、あえて、のオーバーアクションだろう。その証拠に、使用曲もトーマス・ニューマンの劇伴も、非常にクールである。主人公二人だけが、オーバーアクションなのだ。つまり、それが熱演する、ということとはまた意味が違う。この映画でストーリーテリングをするにあたってその方法を選んでいる、ということだ。これはナチュラルでは決してない。一見、画一的な会社の場面や居間での会話も、画一化したイメージ通り?的な反ナチュラルだ。とすると、これはかなり『アメリカン・ビューティ』と似てくる。トッド・フィールドの『リトル・チルドレン』も思い浮かべますが。省略部分のストーリー説明を隣人の噂話で進める方法はうまいですね。これだと、ストーリーをわざわざ説明する理由付けが自然ですからね。ここには、ナチュラルさはあります。

|

« カタリクチ、カタリクチ | トップページ | 激しいデジャヴュ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/43669137

この記事へのトラックバック一覧です: ご利用くださいませ!!:

« カタリクチ、カタリクチ | トップページ | 激しいデジャヴュ »