« 激しいデジャヴュ | トップページ | 元近鉄特急 »

2009年8月 8日 (土)

エアコン付の商店街

「浜松市野」に、イオンのショッピングモールがあるはず。その、浜松市野って、そういえば、どこなんだろう、ちょうど、この遠州鉄道は、浜松の北部の真ん中を突っ切っている感じだが、その「市野」の近くにも、いくんじゃないか、と。そこで、風景観察もそこそこに、ケータイでイオン浜松市野の場所をチェックし始めた。どうも「自動車学校前」が最寄らしい、ということがわかり、まだ半分残す遠州鉄道の途中駅で降りるも、全く、そんな気配や駅の表示などもなく、ケータイで調べた道順を歩くことにする。20分ぐらい歩けば、あるはずなのだった。この感じ。房総のシェイクスピア・カントリー・パークや、昨年の、1時間歩いた道を引き返した亀嵩駅までの歩行のことを考えると、赤ちゃんのようなものだが、歩きながら、本当にこの道で合っているのか、という不安感全開の道のりだった。雨がポツポツと降り始めて、千葉県の悪夢がふっとよぎり始めた頃に、雑草の茂みにそそりたつイオンを発見。周囲には、気配すら感じさせない一体に、急にイオンは現れる。イオンらしかった。あまりにイオンらしかったので、雑草とともに、デジカメに収めた。そして、ギャップを楽しみに、中に入る。実は、ちょっと腹ごしらえをしたい、という考えもあったのだった。結果は、当初、身構える予定だったほどの規模ではなかったが、十分に「新世紀の、エアコン付の商店街」だった。町の人は、みんなここに退避してきているのじゃないか、と思えるほどのオアシスになっていた。ただ、構えている店が地元発祥店舗ではないのが、寂しく、旅人であるこちらとしても、ちょっと寂しかった。旅の途中でイオンに入る人間もどうか、なので、そんな人間にどうこういう資格はないのですが。といいつつ、薄いお好み焼き(関西出身者としては、あれはお好み焼きではない。もどきですら、ない。別の食べ物だ)を食べたり、ナシゴレンの素や、クスクスを買ったり、とか日常の買いものなどもしつつ、もうこうなったら、残りはバスで浜松駅まで、という気はマンマンなのでした。もちろん、そういったバスは出てまして、そこから掛川までJR。掛川でビックリは、お姉ちゃん目当ての酒場以外の、例えばラーメン屋やカレーショップみたいな店はなく、夜は、ローソンの弁当で済ませる事に。さて、この週は、NHK-FMでクロスオーバーイレブン2009がある。月曜、火曜が聴けなかっただけに、ホテルの部屋で、FM聴けることをチェックした時には、内心騒然。10時に早くもNHK-FMに合わせると、その時間帯は、なんと中川ヨウさんとマガジンハウスの社長をゲストに、ドクトルめぐが司会で「渡辺貞夫特集」という幸福なプログラムがオンエアされており、しかも、愛知万博のシェア・ザ・ワールドまでかかり、そこからクロスオーバー・イレブンへとなだれ込んだ。ついでに、ジェットストリームも楽しむ。

|

« 激しいデジャヴュ | トップページ | 元近鉄特急 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/45865250

この記事へのトラックバック一覧です: エアコン付の商店街:

« 激しいデジャヴュ | トップページ | 元近鉄特急 »