« 駅から遠い | トップページ | レッツらゴー »

2009年8月27日 (木)

スパイロ・ジャイラ『フリータイム』

実家に帰った時にいつもなんとなく聴いてしまうLPがあって、だが、なぜか、こっちに持ってくることがそういえばなかったものにスパイロ・ジャイラの『FREETIME』がある。なぜ2009年の夏に、というのがあるが、先日のミッチェル・フォアマンじゃないけれど、原点回帰なんでしょうか。本当は、探したのは、同じスパイロ・ジャイラの『DREAMS BEYOND CONTROL』で、このアルバムの年代の微妙さ加減で廃盤だろう、と思っていたらやはり廃盤で、でもアマゾンに中古があったので、注文。とある理由で、自分にとって、メモリアルなCDなのですが、こんなもの、絶対もっているはずとタカをくくっていたら、どうも見つからない。そうすると、無性に聴きたくなってくる。ということなのでした。スパイロ・ジャイラって、もう絵に描いたような「フュージョン」だと思う。自分でも、強烈に、うわあっ、という理由は見当たらない(例えば、ボブ・ジェームスやアール・クルーや松岡直也には見当たる)のだが、なんか聴いてしまうのでした。で、この人たちといえば、『モーニング・ダンス』とかなんだと思いますが、初期の頃のいかにも、ラテン・ジャングルなジャケのものから一転、この『FREETIME』ジャケはおしゃれに思えた。当時。81年作品というから、16~17歳。高校生か。そういえば、クラスメイトにも、フュージョン・ファンはいっぱいいて、聴きあっていた。そうか、この当時、高校生はフュージョンを聴いていたのだ。で、その『FREETIME』のCDをようやっと手に入れて、聴いている。なんてことない音なんだろうけれど、愛聴していたことがよくわかるサウンドだ、と自分なりに納得している。少し前に同理由で、カシオペアの『フォトグラフス』もアマゾンで買ったが、これも廃盤で結構いい値段がしてしまった。アール・クルーも、自分が聴きたかった『クレイジー・フォー・ユー』や『ロー・ライド』は廃盤で、やはりいい値段だった。自分の青春時代の音は、今、最も中途半端な時期なのだな、と感じずに、いられなかっ、た。(終わり方が津嘉山正種風に)

|

« 駅から遠い | トップページ | レッツらゴー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/46040815

この記事へのトラックバック一覧です: スパイロ・ジャイラ『フリータイム』:

« 駅から遠い | トップページ | レッツらゴー »