« スパイロ・ジャイラ『フリータイム』 | トップページ | 歌詞なしは最大の歌詞か »

2009年8月28日 (金)

レッツらゴー

無印で、もうバリバリ、サイズがピッタリのCD/DVDラックを発見し、早速MUJIドットコムの会員になったりして、泥沼なのですが、それはさておき、やっと、近くの本屋に『あまんちゅ!』置いてました。一度、バリバリ新刊だった時に、次でいいや、と思っていたら、即効、姿を消して、しばらく、行く本屋どこにもなくて、ようやく、入っていた。『ARIA』の天野こずえの新しい作品です。タイトルからもわかる通り、そして、この作者だから、海女のことだな、とはわかっていたが、読んでいくと、海女(だけど)というよりもダイバーの女の子の話である。それも、女子高生ダイバー。主人公らしき女の子ふたりと、彼女らが通う高校の担任の女教師の計3人がどうも主軸のようで、『ARIA』の主軸4人(3娘+アリシア)と思しき構成に似た感じ。今回は、SFではないし、どうも現代だし、どうも日本だし、アニメ化するなら、やはりサトジュン・チームなのだろうが、音楽はショーロ・クラブより村松健さんだろう。が、ショーロ・クラブの沢田譲治さんも映画『群青』でそれっぽい題材を作曲していて傑作だったので、この線も捨てられない。

|

« スパイロ・ジャイラ『フリータイム』 | トップページ | 歌詞なしは最大の歌詞か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/46048915

この記事へのトラックバック一覧です: レッツらゴー:

« スパイロ・ジャイラ『フリータイム』 | トップページ | 歌詞なしは最大の歌詞か »