« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月29日 (火)

映画的記憶的なつかしさを感じつつ

『イングロリアス・バスターズ』と『わたし出すわ』の2本拝見。まず、『イングロリアス・バスターズ』ですが、どうも、タランティーノ作品というと、作品に集中する、というより、過去作品のかけらを探すべく神経を行き渡らせてしまっていけません。しかし、ファースト・シーンの長い会話で、納得。やはり、今回も、こういう作品なのだ。2時間30分あるが、つまり、もし、このストーリーを省略せずに見せ場すべてをしっかり描いた場合、24時間かかるんじゃないか、と思えるペース。タランティーノ映画のうまみの大部分は、「一見、ストーリーに関係のない雑談シーンのあまりもの多さ、長さ」にある。タランティーノ映画のポイントはとにかく、会話の中での間と視線のやりとりであり、タランティーノ映画は、映画ファンのための映画であるはずなのに、舞台演劇化すれば面白いのじゃないか、と思う。ジャームッシュとかアルジェントとかもそうであろうが、タランティーノも「こういうシーンを撮りたい」ありき、の監督である。今回のストーリーは、なので、いくつか、不明点が残るものはあったりしますが、そんなことより「かっこいいシーンが撮りたい」ことが第一なので、それはそれでよいのでしょう。あの「非情の標的」がかかるシーンなどは、まさにそんな感じがする。特に印象がダブる映画は『キャリー』と『ミラーズ・クロッシング』。自作の『ジャッキー・ブラウン』もダブる。余談だと、手法が似ていることが改めて思われたのが『ハヤテのごとく』。ハヤテは、アニメ盤タランティーノだったのか。確かに、通ずるところはあるだろう。そして、ハヤテは自身をも多くパロったが、そろそろ、タランティーノも、自作をリミックスするテイストを盛り込み始めるのだろうか。イーライ・ロスがナチ・プロパガンダ映画を監督するのは、シャフト・アニメのエンド・カードを誰に書いてもらうか、という発想とそもそも同様に思えます。
そして『わたし出すわ』。実は、最近の森田芳光作品をほとんど見ていないことに気づく。見たのは『黒い家』と『椿三十郎』のため、最近の森田映画がどうなのか、確認できていなかった、という感じがあります。古いですが『家族ゲーム』『メインテーマ』『そろばんずく』の頃は、その”まず遊び心ありきで、そこから作家性をふるいにかける”的なテイストが好きだったんですよね。ですので、そのふるいにかけられた後の作家性が、普通の映画を撮る監督になっていたら困るわけで、『わたし出すわ』は、ごくごく時折、昔の映画青年的テクは出つつも、一見、かなりリアルであろうとしている。が、そこは、永遠映画青年的な非現実性を持ち、ファンタジーであることを意識させている。主人公の母の病院のシーンが、特に、この映画がファンタジーであることを幾度となく思い出させる。音楽を極端に排除した構成は、この作品では自然だろうし、大島ミチルの音楽は茂野雅道の音楽に聴こえたのは、つまりはミニマル・ミュージックに近いものだ、ということだ(茂野さんがミニマル音楽家というわけではないのですが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

NO LIMIT NO CONTROL

自分的に書き記しておかないといけないことが、まず2つあるのでそれから。これは、日曜だから、3日前のことですが、東横東急で、年イチぐらい?での「なにわうまいもん市」が行われていて、目玉はもちろん、蓬莱である。が、前回気づいたときは、豚饅しか残っておらず、餃子・焼売は売り切れていた。蓬莱といえば豚饅なのだが、餃子・焼売も独特なもので、自分は、この中でも餃子が忘れられないのである。家族での人気は焼売でしたが。が、しかし、この日曜日は、行くともう、今日の分はすべて売り切れ、という声。非常階段の方向に、延々と列が続いていた。・・・・・が、しかし、そこでトボトボというのもしゃくで、そのゾーンをぐるぐると回り、自分としてはなじみのない店が多いな、と思っていたら、そこに「大寅」。大寅!! 大寅!!ということは、大寅名物・・・・ありました「うめやき」!!、つい、気づくと、大人買い。・・・・そして、リベンジ(といっても、別に負けたわけではないが)で月曜日。この日は、日曜よりは、早い時間に着くことができた。列に並ぶ。売り切れの声はまだで、なおかつ、餃子の整理券が配られていた。餃子は完売近くだったのでしょう。なんと、豚饅、焼売、餃子3つとも購入できたのだった。・・・・蓬莱については、以前にも書いていると思うので、このぐらいにして。
『リミッツ・オブ・コントロール』拝見。ジャームッシュの映画というのは、ストーリーはあるものの、2人の人間の会話ともなんともいえない雰囲気の「会話」が中核をなすが、この作品も同様。そして、何気ない中の間のおかしさで見せるが、もともとがコメディ的な題材とは思えないストーリー?の方が映えるのだろう。それにしても、他のジャームッシュものと違い、一見、ストーリー重視か、と思わせるため、難解な作品に見えてしまう。シネ・ヴィヴァンに似合う、昔懐かしいアート映画だ。しかし、この監督の作品と思えば、いつものタッチなのである。そして、この感じは、かのギャロさまの『ブラウン・バニー』も思い出させたが、よく似たことを一見行っているようで、違うのは、登場人物たちのキャラクターの中に作家の特徴をあまり感じさせない(どういうシーンになるかが重要なのだ)ジャームッシュ作品に通ずるアプローチだ。とにかく、懐かしい、と感じる映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

これいこ、これいこ

ラジオ深夜便でニニ・ロッソ特集をやっている。2009年9月にニニ・ロッソ特集!!だからこそ、この番組が好きなのですが、自分的には(というか関西出身映画ファン的には)ニニ・ロッソといえば「サタデーバチョン」と「水曜日の夜」である。「水曜日の夜」は、CDで容易に入手可能なものが、新録音の別アレンジ・バージョンなため、LP買いなおして、そちらをもちろん愛聴しております。さて、バチョンのオープニングがホルスト・ヤンコウスキーの曲だというのを、さっきネットでいろいろ調べると、知る。自分のもっているヤンコウスキーものを確認するが、その曲はいずれも入っておらず、悔しい。ヤンコウスキーは、結構、自分的にはプライオリティはそんなに高くなかったのですが、ちょっと変わりました。さて、話変わって、浜村淳関係と自分といえば、「ハイ浜村淳ですABC」(だったかな)で当たった『カプリコン1』が生涯初の試写会なのだった。その後、特に高校時代など、ほとんどの映画を試写会で見るほどの試写会マニアと化すのですが、このバチョンでのなんば・高島屋ホールでの試写や上映会も死ぬほど行きました。高島屋ホールは確か、その頃月1で既に一般上映済の映画を無料で見せる上映会があり(高島屋映画の夕べ、とかそんなタイトルがついていたと思います)、そこで『真夜中の向う側』を見た記憶があります。確か、立ち見でした。バチョンのアシスタントの女性が曽根崎のとん平焼屋の娘さん、ということで、そのとん平焼屋さんの前を通るときに「おお」と思ったものでした。近くには「8時にリノよ」のリノがあり、その二階ですみや渋谷店の出張販売があり、行ったら目当ての『ニューヨーク1997』のLPは売り切れていた、とか、そんな想い出が次々出てきまして、ヤバいですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

音楽 服部隆之

万博人間にとっては、万博っぽい「開国博」に、一度だけで終わるのは、ちょっと違うだろう、と思い、かつ、夜しか楽しめないパビリオン?もあるため、夕方から、開国博もちろんベイサイド会場へ。午後5時から入場料が安くなることには気づいていなかったので、ちょっとラッキー。前回、ものの見事に道順を間違えてかなり歩いたので、今回は、馬車道駅からどっちの方向へ歩けばいいのか先に確認して、乗り込む。前回、「はじまりの森」の出入り口が、えらく小さく地味だなぁ、と思っていたのですが、逆側にちゃんとかなり立派な出入り口然とした出入り口があった。それはとりあえず見過ごし、まずはワールドレストランへ。ここで、ナシゴレン+マンゴー・ジュース・セットを食べる。なんか、今日の第一目的は、これのようだった。そして「BATON」の上映時間を確認に。ちょうど「2」が始まったところのようで(ここが実は間違えていたのだが)、今度はNISSANの時間確認へ。すると、こっちも始まったばかり。仕方なく、「はじまりの森」へ引き返し、キリンのフードコートでビール。ここでの夕景がすばらしく万博っぽく、ちょっと感動する。そして、未来シアターに入ると、なんと、さっき上映していたのが「3」で、この次の(今の)回の呼び込みをしていたらしく、始まったのは前回も見た「2」の方。今回は、後ろの方から見る。終わると、その会場内にあるスリーエフへ。すると、ないないと思っていた「公式ガイドブック」発見。もちろん購入。「BATON」のパンフは買わず。しかし、この開国博、万博には大事なある点がない。そう、スタンプがないのである。万博といえば、スタンプだろうに。愛知万博でも、当初はなかったパビリオンまで、後になって作っていたような感じだったのだ。そして、NISSANへ。これは、本当に万博万博したパビリオン然としたところで、すばらしい。映像も、万博気分だ。そして、終わって、外を出ると、間に合わないと思っていたアースバルーンの時間に間に合いそうだったので、急ぎ歩き。ひょっとしたら、これが一番それっぽいかもしれないぞ、と期待していたのですが、期待通り、最もそれっぽい5分。しかし、強風のため、バルーンは下に固定したままでの上映。音楽が服部隆之、というのは、公式ガイドブックを発見できたからわかった事実。終わると、大道芸をやっている。舞台も始まって、きよしのずんどこ節で踊っている人たちがいる。そして、夕刻のはじまりの森の景色がよかったので、もう一度。今度は、夕飯のちょっと早い版としてここでナポリタンを食べる。つい、ビールもまた頼んでしまう。久々に、昼(活動中)のうちに2杯も飲んだ。夜景もすばらしかった。スピーカーから流れているのが、ゆずの歌ではなくて、鳥のさえずりとか、自然音だったのが面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

懐かしのグローバルループ

こういうのを、まさしく「いまごろ」というのですが、ふと知って、なおかつ、アマゾンに在庫があったため注文し、読んでいる。『愛知万博「愛」日記』竹井夙という女性によるもの。ブログを改筆し、書物にしたものである。あれから、4年たち、しかも、この書籍も、刊行されてから3年経つ。しかし、確かに、名古屋では、あの夢の余韻はまだ続いている。ここまで続いていれば、ぼ半世紀、代が変わるまで、ひょっとしたら、代が変わっても、受け継がれそうな勢いです。さて、この本の内容は、まさしく純粋な愛知万博批評で、万博批評というよりは、万博運営批評といった方がいいかもしれません。観客の、主に愛あるクレームすれすれの感情がこと細かに書かれてあり、これが、なかなか「感じてはいつつも、ここまで詳細に心の推移を書き残したものは珍しい」という書物。愛知万博に20回以上通っていて、パビリオン名を書かれただけで、展示などが鮮明に反芻される人間(私)などは、100%うなずきつつ一気に読み進めたり、時には、わざと読むペースを落として、行間を読む(自分で勝手に、文中では省略されている展示の詳細を思い出して、観覧している雰囲気に浸る)ことをしつつ、進めるのだが、こんな読み方をした本は、おそらく初めてだ。ひょっとしたら、小説の愛読書を再読する時などは、こんな感じなのだろうが、残念ながら、何度も読む愛読書というのが、自分にはない。というか、何年かに一度読むことはあっても、表の意識では忘れているもので、普通に読み進めてしまうのである。そういえば、まだ、少し復活したらしいグローバルループは、まだ歩きに行っていない。それは太陽の塔のように半永久にあるものだろうか。それにしても、これも最近読み始めた、プロの書き手ではない方が書いている(達 靖志という方)『30年後も永久永遠の時刻表2万キロ』にしても、そこには、なかなか書けない、書かない、切り口であったり、考え方があったりする。編集者の方の意向もあるのかもしれない。なんだか、このあたりを読むと、考えさせられるものがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

ピーター・フォンダが出ているのに気づかなかった。すみません。

先日の考えに則って?独立系配給会社配給による洋画『3時10分、決断のとき』を見る。さて、この映画は2年前の作品で、アメリカ公開時、そこそこ日本の映画ファンの間でも話題になり、しかも、寡作作家とはいえ、日本でも前作までは、しっかり公開されている監督ジェームズ・マンゴールドの作品である。が、やはり男くさい映画=女性ファンを呼べなそうという理由なのだろうか、公開が敬遠されていた作品である。ネームバリューのあるスターも出ているというのに。で、新宿ピカデリーに、見に行く。初めて来た劇場でしたが、あまりにもおしゃれな作りになっているシネコンで(雰囲気は百貨店。近くに伊勢丹があるのを意識しているのだろうか?)、そこで、この古風なスタイルの作品というのも、そぐわない気も個人的にはしつつも、いや、もう、これがイマの劇場なのだから、こちらが適応しないといけない。ちょっと、期待はしていたが、びっくりしたのは、客層。まさに、老若男女だったのです。老夫婦というのはわかる。オヤジさん、おれが見ても面白そうなのは、これぐらいだろう、という感じだ。しかし、クロウとベイルという女性ファン多いスターが出ているとはいえ、見た目に、若い女性のひとり、女性同士の観客が多いのだ。戦国・時代劇が女性に人気は言われて久しいが、ひょっとしたら、西部劇も、女性を惹きつける要素を十分に持っているのだ(男のかっこよさを十分に堪能できるジャンルとしては、確かに、最高のジャンルだ)。西部劇に限らず、男のための娯楽映画は、多くを語らない主人公、だが、もちろん、この作品も、多くの、核心的なこと以外は結構しゃべるが、自分の動機としての大切な部分については寡黙(といっても、もっと昔の映画に比べると、しゃべっていると思う)。そして、シンプルな筋立てをアクション主体に見せる。ベルトラミの音楽は、アメリカ映画だというのに、マカロニ・ウエスタンへのリスペクトと思える曲調。主題歌があってもいいと思うのですが、そこは、まあいい。それにしても、この作品が、2年後に公開になるとは思っていなかった。さすが、ウエスタン・ファンの熱情、おそるべし。ちょっと前の『ワイルド・レンジ(OPEN RANGE)』の時も、その熱情を感じた。具体作品名はあげないが、なかなか「映画ファン」の触手が動く「映画らしい映画」の公開が少ない中、この「男が喜ぶ燃える男の映画」ジャンルは、見直されるのではないか。というか、女性の映画ファンだって「映画らしい映画」を見たいのじゃないか。それは、当たり前のことなんだろうけれど。(ところで、クレジットで、クリスチャン・ベイルのもろもろ助役は"TO C.BAIL"とあるのに、ラッセル・クロウのそれは"TO BEN WADE"となっていたのは、なにか理由があるのでしょうか。大人の理由か?遊びか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

歌詞なしは最大の歌詞か

知らないうちに、待望曲がCD化されていた。それはNHKの癒し系旅番組の傑作『こんなステキなにっぽんが』のテーマ曲です。NHKの旅ものといえば『鉄道乗りつくし』『町歩き』といった名番組があるが(もちろん、その過去には、『新日本紀行』という歴史的名番組がありますが)で、このテーマ曲、松本俊明の「琥珀色の記憶」と、タイトルは出ているものの、配信サービスのみでの販売で、CD化がまだなされていなかった。というか、この松本俊明氏について、調べていませんでした。日本の流行歌シーンについては明るくない、ということがあり、調べると、もう、その世界では大家中の大家といっていい作曲家氏ということでありました。旅ものの音楽のグッとくるところは、今の幸福感と、旅が終わるときの寂しさがまじったようなメロディになるところ。ノスタルジー気分のさじ加減で決まるのだ。そして、さじ加減が抜群なものが、心に記憶されていく。で、近年の最名曲がこれだったわけですが、フルで聴くと、導入の寂しげな部分がたまらないのだが、そこから展開しての幸福なメロディの部分が継続されていく。この構成が、より寂しげを増す。で、そのCDは、この番組のサントラという形ではなく、松本俊明のピアノ・アルバム「ピアノイア」というタイトルのもので、その2曲目が、該当曲。ブックレットのイラストは巨匠、宇野亜喜良によるイラスト(といえば、子どもの頃、ネスカフェのキャンペーンかなにかでついていた、ネスカフェの空き瓶をおしゃれな花瓶にする包装フィルム?が、この方のイラストで、それが人生初めての宇野イラストとの出会いだ)で、プロデューサーがなんと立川直樹さん。立川さんで、上品なイージーリスニング系といえば、なんといっても中村由利子の『風の鏡』から始まる諸作である。確かに、あの名仕事と同じ香りがする。ところで、感じるのは、この松本氏のように、ソングライターとして名声を確立された方が、インストゥルメンタルや劇伴の方向へ興味を向けられることは多く、なんか、”作曲”を知り尽くした人間がたどり着くのが、映像音楽(それも、歌なしのもの)なんだろうか。この松本氏の今回のアルバムの中の曲たちも、いずれも、歌詞をつけて、立派な極上バラードになり得るものばかりだが、その”歌唱”というものによるエモーショナルな刺激とはちょっと違うものなのだ、というのは聞く側として、なんとなく感じる。ちなみに、立川直樹さんのブログをのぞいてみたら、「苦しむ独立系洋画」の記事の話が。海外の見たい映画ほど、輸入されなくなって久しいが、これについての考えは、自分も発展させなければいけない、と思っています。・・・さて、次なるNHKのCD化待望曲は、調べる限り、おそらく吉田哲さんと田中景子さんによる『昭和のSL映像館』のテーマ音楽。この番組は、今まで挙げた番組の中でも、最も知る人ぞ知る番組でありましょうから、なかなか困難かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »