« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月28日 (水)

裸足のエマ・トンプソン

『新しい人生のはじめかた』拝見。大スター共演なのに、こういった地味な人間ドラマは、もう公開されないのだな、とちょっとあきらめていた作品のひとつ「LAST CHANCE HARVEY」である。サントラは、アメリカ公開時に聴いていて、その時は、抽象的だが、楽観的で心地良いニューエイジ・ミュージック的な印象をうけた。再度聴き直すと、あのスペインのネオ・イージーリスニング・アーティストのVIGILの音色にすごく似ている。ドラマは、小ぢんまりとしていて、低予算作品ならではの、対象を絞ったドラマの広がりで、ストーリーは絞られているのに、役者の名演で、その描かれていない行間を推測させる。ダスティン・ホフマンとエマ・トンプソンの実年齢よりは、マイナス15~20歳ぐらいのドラマとしてみれば自然かな、というところが気になりましたが、男と女は年齢関わらず、いつもこんな感じ、と考えることもできる。こういった、「何気ないがいい作品」こそが、もっとみんなが観たい作品なのじゃないか、とまあ、これは常から言っていることですが、誰も、突出した部分なんかは求めていなくて、いい映画でさえあればいいのであって・・・という感じです。サントラは、スコア中心ですが、スコア以外の、映画を見たら、聴き返したくなる曲2曲もちゃんと入っていたので納得。『(500日の)サマー』が永遠少年映画なれば、『新しい人生のはじめかた』は、似ているが「大人になれない大人の映画」(これも、1ジャンルとして成立するぐらいある)の近年の傑作ということでしょう。ともに、着地は違うが、切なさ加減などが似ているのだ。『(500日の)サマー』と違って、こっちは二人ともに自虐的なんですが。・・・・そして、試写室から近い山形・沖縄共の物産館にまた足を。そして、ここが交通会館とも全然近いことも気がつく。これはヤバい。買いまくりそうだ。・・・・そして、今はサントラのラスト「WHERE DO WE GO」をほぼループ的に聴き返しているという次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月20日 (火)

アリステア・マクリーンとウディ・アレン

『ホワイトアウト』と『インフォーマント!』拝見。『ホワイトアウト』は、まず、とにかくカメラワークのすごさに驚く。1カットの長さの中に動きまくるのがあれば、ミヒャエル・バルハウスばりに、閉ざされた空間の撮影をトリッキーに写したりする。この映画に期待したのは、アリステア・マクリーン的世界。結果は、ちょっとアクション・シーンにバリエーションが少ない気がしないでもないが、ラストのどんでん返し的なものではなく、バランスとしてのサスペンス・アクションとそれぞれの登場人物の人間臭さに焦点をおいていたところは、見る価値アリ、の感じでした。個人的には、ラストどんでん返しに頼る?展開は好まないため、それよりも、さまざまな興味に分散させるのは好ましい。ただ、伏線のようにみえて、張ったまま放置のものが多い気がしないでもないが、気のせいでしょうか。
そして、ソダーバーグの『インフォーマント!』。いただいたプレスシートに、音楽をマービン・ハムリッシュに依頼した理由についても言及されていたところがまずうれしく、観始めると、全体的に黄色いトーンで統一された画面が、まあ、そこはソダーバーグらしいマニアックな、新作なのに70年代映画のリバイバルを見ているような感覚にさせよう、という感じで、でも、物語は90年代の話で、なおかつ、パッと見、コメディにする素材ではないようなストーリーをコメディ仕立てにする(それも、これはウディ・アレン映画のオマージュだろう)ことが、いかにもソダーバーグで、そこで今回は『さらばベルリン』の時にトーマス・ニューマンに、アルフレッド・ニューマンのようなサウンドを、というように、ウディ・アレン映画につけるような音楽を、とオファーするのではなく、大御所ハムリッシュ本人に依頼したのでありました。さて、思うに、結果、音楽も楽しい異色作が出来上がっているが、じゃあ、なぜ、今、御大を使わずに、現役コンポーザーはこの音を出せないのか!?という音を確かに、今回のハムリッシュは出している。なんか、今回のハムリッシュは60年代後半から70年代の代表を務めているかのようで、ハムリッシュなんだけれど、ニール・ヘフティでもありヘンリー・マンシーニの代役も努めているかのような気がする。でも、調べたらびっくりで、まだ、マエストロ・ハムリッシュ、65歳なんですね。って『泳ぐひと』は24歳で『幸せはパリで』は25歳ですか!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月14日 (水)

ザ・スミス

最近の作品で最も見たかった作品のひとつ、『(500日)のサマー』を拝見。そう、こういう映画ですよ、こういう映画。まさに、これこそ「ザ・映画」!ちょっとした話をテクで見せるものの記憶は『トレインスポッティング』からなのですが、これは、さまざまなテクで見せるストーリーを一通り味わって、それが当たり前になって免疫ができている世代への、かなりテクニシャンなラブストーリー。しかも、この作品のいいところは、それがみな、ただ観客を楽しませたい一心から、というのがにじみ出ているし、軽く自虐的なユーモアも、クロウトのあざとさじゃなくて、インディーズ・ロック的なノリだ。面白いのは、この話、年代が全くわからない。80年代のようであるのだが、どうも、近年の話のようでもある。いつでもないが、ロスの話、ということか。しかも、ロスの話らしいのに、どうもイギリス映画っぽい。だいたい、2009年の映画っぽくない。ということで、これは20代のラブストーリーだが、30代以上用の物語ともいえる。これは、精神的に30歳以上、というのももちろん含む。うれしいのは、こういった、オリジナル脚本、スターは出ていない、そしてなにより「感動物語ではない」作品が、日本公開されることだ。外野人間なのだが、この映画がヒットすれば、これから日本で公開される洋画の明日は開けるんじゃないか、と意気込んでしまう。
その後、東銀座へ出て、最近できて、まだ訪ねていなかった「ぐんまちゃん家」へ。そこで「アンテナショップ・スタンプラリー」なるものを手に取り、こういうものが時々催されているのは知っていたが、その地図を見て、山形、と沖縄が近くにあることに気付き、「おいしい山形プラザ」へ。こんなに広い店があるのは知らなかった。しかも、これも聞いてはいたが、の沖縄「銀座わしたショップ」、これがヤバいぐらい広くて、大繁盛している。何しろ、品揃えがものすごい。八重山そばを買う。いや、ここは、何度となく利用しそうだ。交通会館の北海道と並ぶ人気、というのがよくわかりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 6日 (火)

水道水でいい

本日3本拝見。『男と女の不都合な真実』『脳内ニューヨーク』『ゼロの焦点』。
まず、『男と女の不都合な真実』。実は、試写で拝見予定の次の作品の時間を間違えてしまったため、ちょうど映画1つ分時間が空いてしまい、何か六本木で観られるか、と調べて、これがちょうどの時間だったという次第ですが、見たい作品+未見であったため、よかったです。予想どおりの超王道ラブコメ。価値は、ジェラルド・バトラーのカメレオン的演技でしょうか。ひと昔前のトレンディドラマ的なもので、今、こういったストーリーを見るのが娯楽かどうか、というのは微妙だが、社会の急変は、製作時に予想は無理でしょうから、これはバトラーの演技で。『恋人たちの予感』のオマージュかと思える部分があるが、その辺の記憶もある映画ファン向きなのか。
そして、『脳内ニューヨーク』。ニューヨークの再現、というより、自身の実生活の再現をほぼリアルタイムで行おうとする天才舞台演出家。といっても意味わからないだろうし、こっちはカウフマンもの、ということで、意味不明な展開で当然と構えはできているので、それで普通、というところがある。カウフマンの独創性は、普通になってしまった。あとは、このカウフマンらしさが愛されるかどうか、ということなのでしょう。ウディ・アレン映画が存在するのと同じ理由で、カウフマン映画が存在するわけで。
そして『ゼロの焦点』。松本清張映画となると、名作は多く存在するわけで、新作というだけで、そのハードルは高い。ハードルが高いのはわかっているので、観る方としては、ちょっとハンディキャップつけた目で見ようとしてしまう。昭和のノーマル映画を意識した作りは、賞賛に値する。上野耕路の音楽も、芥川也寸志の音楽をもちろん聴きつくした上でのもの、という感じがする。後半の謎解きの部分は、ちょっと今後、様々な意見が交わされそうな気がするが、清張ストーリーの重要性は、人間の性がにじみ出るかどうかで、そこが、努力賞的なところは否めない感じはする。清張は、女性を上手に書けない、と言っていたのは有名ですが、別にその反映ではないでしょうが、男の俳優たちのシブさにはうなった。女性側は、・・・広末は、『蒼い描点』の典子を演じてほしいなぁ、と思ってしまいました。それは悪くはないのですが、禎子役にだけ言及すると、声が可愛すぎる気がしたのでした。といっても、『ゼロの焦点』読んでから、はや30数年は経ちますから、自分の中で、固定観念が出来上がってしまっているだけなのですがね。ところで、CG費用は大変なのかもしれませんが、ALWAYSのみならず、こういった昭和ストーリーの映画化というのは
今、アリなのではないか、と感じました。無理やり、設定を現代に書き換えなくて、いいんですよね。逆に時代背景が興味深くて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »