« ルイス・バカロフと私 | トップページ | 映画的であること? »

2012年4月 4日 (水)

ふたりのHarlow

ニール・ヘフティ『SYNANON』を聴く。『ENTER LAUGHING』クインシー・ジョーンズとのカップリング。麻薬中毒患者の更正施設の人間ドラマ。と訊けば、ヘフティといえども・・・と思ったら、これが、音だけだと、全く、映画の内容は想像付かない、おしゃれなイージーリスニング・タイプ寄りのジャズという、おなじみのヘフティ・ワールド。『SYNANON』の監督リチャード・クワインはそれまで組んでいたジョージ・ダーニング以外に音楽を依頼する『パリで一緒に』をネルソン・リドルに、『求婚専科』『女房の殺し方教えます』をニール・ヘフティに、『ホテル』をジョニー・キーティングに、とイージーリスニング・ファンにもたまらないバンドリーダーでもあるアレンジャーたちに頼んでいった。
ニール・ヘフティで、個人的に愛聴したのが、2001年にコレクタブルがCD化したイージー・アルバム『Pardon My Doo-Wah』と『Hefti Hot 'N Hearty』のカップリング盤。2001年というと、そうまだCD超好景気の頃だから、コレクタブルやコレクターズ・チョイス、そしてタラゴンといったコレクターズ・レーベルからイージーものがじゃんじゃんCD化され、その中の一枚。今では、がんばっているのはヴォカリオンだが、当時は、まだヴォカリオンのがんばりは目だっていなかったと思う。このアルバムの中に収録の「リル・ダーリン」、
このアルバムではないが「ガール・トーク」、この2曲をレパートリーにしているイージー・アルバムは楽団問わず、すぐほしくなった。
ヘフティのサウンドは、マンシーニよりもさらに、可愛らしさをもっていた印象がある。マンシーニのサウンドはレディであって、ヘフティはガールな感じ。ジャッキー・グリースンなんかは、もっと大人っぽくなる。
『HARLOW』は、ヘフティ音楽のキャロル・バーネット主演作の方がDRGからCD化され、聴かれた方も多いと思う。同じ年に、もうひとつ、同じくジーン・ハーロウを描いた『HARLOW』があり、キャロル・リンレイ主演のこちらの音楽はネルソン・リドル。こちらは現状未CD化。しばらく、当初どちかがリジェクトで映画は一本なのだと思っていた。
話は、少し前の行に関連して、ジョニー・キーティングだが、キーティングものは、ヴォカリオンがCD化に力を入れたが、中でもうなったのが『TEMPTATION』と『PERCUSSIVE MOODS』のカップリング。キーティングのアレンジは、誰もこんなアレンジしないだろう発想の転換的なアレンジで、なおかつシンプルにまとめて、ロックな感じさえ漂った。このロックな感じが、パンチのあるカテリーナ・ヴァレンテの歌いっぷりともよくあったのだろう。
ということで、クリッツァーランドは、『女房の殺し方教えます』に続いて『SYNANON』をCD化した。『求婚専科』をCD化したFSMは引退してしまうが、クリッツァーランドへの協力は万全と思うので、ぜひ、このまま『裸足で散歩』『砦の29人』『おかしな二人』を実現してほしい。が、どれも、限定1000枚だったら、瞬殺しそうなタイトルばかりが残っている。

|

« ルイス・バカロフと私 | トップページ | 映画的であること? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/54384633

この記事へのトラックバック一覧です: ふたりのHarlow:

« ルイス・バカロフと私 | トップページ | 映画的であること? »