« ハワイアンが癒し続ける『ファミリー・ツリー』 | トップページ | 控え目な『星の旅人たち』 »

2012年5月27日 (日)

『鬼に訊け』はカンナの音が命

キネカ大森にて『鬼に訊け 宮大工 西岡常一の遺言』拝見。『船、山にのぼる』以来の「商業映画として文化映画を見る」心持の鑑賞。
音楽の一部と、石橋蓮司のナレーションの雰囲気は、先にゆうゆうワイドで紹介されていたので、つかんではいました。なんといっても、この映画での音の主役は、カンナの削り音です。神的存在の宮大工、西岡常一の貴重なインタビューおよび晩年の現場取材映像を、真正面にまとめたもので、ひたすらに構成としてはシンプル。職人が語る内容も、「まずは心だ」的なものではなくて、しっかり理屈に基づくものばかりなために、世代を超えて説得力をもつ。まあ、この教訓は・・・・なんて感想に行きそうなものはあえて避けて、この映画をあくまで娯楽映画として、楽しみました。鬼とあがめられるには柔和な表情の西岡氏の淡々とした語り口と、映画全体も、決して、メリハリをもつという構造ではない、教科書を映像化するかのような平静さ。しかし、この映画の注目点がある。職人作業を写すシーンは、カメラ自体がのめりこむかのように、長いのです。こういう、黙々淡々と行われる「作業」を見るのは、嫌いじゃないどころか、むしろ好きなので、カンナの歴史を語りつつ、各カンナでの削り具合が、あの心地よい音と共に写されている部分は、かなり恍惚。後半は、いよいよクライマックスの、準備された木を組み込んでいく作業が、これまた結構な時間を割いて映されていくが、これも、快感。この映画は、趣旨を職人の生き様を見つめる表向きのテーマがあるが、支持される裏テーマ的なところに、この「作業萌え」は、きっとあると思う。
黙々と作業する姿。これを見ることは、結構、何ものにも換え難い快感がある。ちょっと違うかも知れないがジャック・リヴェットの『美しき諍い女』は、あきらかに普通の映画と時間の流れ方が違うために、長尺があっという間だが、あれも、画家が描くという作業を見る「作業萌え」を観客は起こしているんじゃないか、と解釈している。「工場萌え」「ダム萌え」も市民権を得ているし、「人間ドラマは、最小限に絞り、工場を建設する現場の作業姿を淡々と描く」映画がもしあれば、いい意味で卒倒するんじゃないか、と思う。これは、かなりマジで。

|

« ハワイアンが癒し続ける『ファミリー・ツリー』 | トップページ | 控え目な『星の旅人たち』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/54807042

この記事へのトラックバック一覧です: 『鬼に訊け』はカンナの音が命:

« ハワイアンが癒し続ける『ファミリー・ツリー』 | トップページ | 控え目な『星の旅人たち』 »