« 笑顔美女だらけの『ミッドナイト・イン・パリ』 | トップページ | セリフのようなSEと自然音、SEのようなセリフ『ベルタのモチーフ』 »

2012年6月30日 (土)

あくまで入り口としての白雪姫『スノーホワイト』

自分の中ではアトラクション映画に分類される作品を久々に鑑賞。『スノーホワイト』。今週は、他の作品でも同様の感想に至ったのだが、この作品に関しても、早々に「ストーリーを追うのはよそう」と思った。もちろん、難解だからではなく、物語に関していえば、特記する(ほどの)ものではないからだ。物語は、終結に向って、粛々と進んでいく。意外な寄り道など、一切ない。なので、分かれ目は、味付け。すべては抽象的だと思う。抽象的なヒーロー物語は、男まさりの美しさ(美女というより、美形の男役スターの感じに思った)と美男のサブの組み合わせ、それに対する、こちらははっきりとした女性であるところの「悪女」。この構図は、観客としては、圧倒的に男は不利だな、と思う(女性客を楽しませるためのアクション・ファンタジー)。今の時代はメルモちゃんやアッコちゃんではなくプリキュアなのだ、というのは単純化しすぎなのだろうが。とはいえ、これはファミリー・ピクチャーでもあろうとする意味からか、あの流れだとあっても不思議ではない展開がない(具体的には書かない)。これも、現代的需要なのか。つまりは、生身の人間らしさ、的な部分を排除してストイックな人物描写に徹している、ということだ。
ジェームズ・ニュートン・ハワードの音楽は、この人の作品史上最もキャッチーではないか、と言える明解な勇壮でメロディアスなサウンド。サウンドは、作品全体から受ける印象よりは、ウエットであろうとしているか、サントラのみを聴く限りでは。
強いヒロインの物語を描く、おそらくその1点があるのみで、白雪姫であることは、細部を説明不要にさせてしまうための口実に過ぎない。その証拠に、もともとの童話で知られている魅力的な細部は、カット可能な範囲で付加されているに過ぎない。自分だったら、むしろ、こびとの一人を語り手にしてしまって、時間軸をいじった展開にするぐらいでないと、と思ってしまい、そうなっていないことに関して、この物語が、原作が何なのかを忘れていい、と語り手は考えているだろうと結論してしまう。
『スノーホワイト』といいつつ、黒が基調。そして、黒が負のイメージの代表として扱われる意味への疑問(色に貴賎なし)定義を感じた。暗黒の森の、一見邪悪だが愛らしくも見える動きは、後の妖精たちの世界の明るいがグロテスクな外観と対比して、美醜の意味に関しての疑問も呈されているかのように。途中の目ぢからで、敵と交渉、みたいなシーンは、いろいろと考えさせられる。
今までに、聴いたことのない物語のパターンに「殺しあう戦い」ではなく「説得(洗脳と呼んでしまうかもしれない)しあう戦い」を描く「戦争ドラマ」がある。戦わない戦い。それは生身オセロのようで、間違えば、というかリアル政治の現場に酷似したものがあるが、そうではなく、もっと戦争ドラマ的にビジュアル化されたものだ。それに近いものを、かのシーンでは感じてしまった。モンスター同士の説得合戦は、あったらおもしろいだろうな。自分の中では、戦うシーンは、ちょっと飽きてきている、ということがある。

|

« 笑顔美女だらけの『ミッドナイト・イン・パリ』 | トップページ | セリフのようなSEと自然音、SEのようなセリフ『ベルタのモチーフ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/55089092

この記事へのトラックバック一覧です: あくまで入り口としての白雪姫『スノーホワイト』:

« 笑顔美女だらけの『ミッドナイト・イン・パリ』 | トップページ | セリフのようなSEと自然音、SEのようなセリフ『ベルタのモチーフ』 »