« 極端な家族論の実験『籠の中の乙女』 | トップページ | ロケーションの主役性に集約させる『ル・コルビュジエの家』 »

2012年8月26日 (日)

あえてハードにはしない『THE GREY 凍える太陽』

『THE GREY 凍える太陽』於・チネチッタ。一見、ハードアクションと思われたが、違いました。ひとことでいえば、絶望していく男の人間ドラマで、少し宗教的な感覚もします。それは、終盤によってなんとなく明確化してきまして、それまでの「描き方」の意味をそこで再び気に止めることになるのです。
主人公の男は、絶望している。が、その次に自分を襲った運命は、「事故の生存者を、自分が先導して生還させる」ものなのである。が、その経緯は見ての通り。
男が、凄腕の持ち主であることを歌う物語ではない。もちろん、職業ゆえの生きる知識は与えるが、自分が万能ではないのは、「そういうシーンがない」ことが如実に物語っている。狼たちは生存者を襲っていくが、生き残るのは、クジ運的な運命なのであって、決して、強いからではない。主人公は自分が弱いということを明言するし、告白ではない幻想シーンでも、妻の面影を幾度となく追うため、それはジェスチャーではないこともはっきりわかる。
カーナハンといえば、非情なハードアクションのイメージがあった。そして、この素材だと、劇伴も最小限にするか、無機的なサウンドにして、感情を排除し、かつドキュメント・タッチの編集にすることも考えられる。いや、それの方がこの物語だと、むしろ普通かもしれない。が、その逆で、かなりセンチメンタルなメロディも盛り込んだスコアをしっかり流させるし、残酷なシーンも、必要最小限にとどめ、かつ余韻はのこさせないようにしている。非情とか残酷がテーマではないからだ。テーマ以外に誤解される演出をすると、視点がぶれる。
男は、生存者を先導するが、そこそこ傍観者でもある。他の生存者たちは自身について語る。が、主人公は、自分の人生は語らない。語れる余裕がないと思っている。他の生存者たちには、待っている家族がいるのである。
最後に、男に、本当の絶望が訪れる。最後の最後の、絶望から逃れるのはここしかない、そうでなければ死ということだ。物語は、男の人生を抽象的にしか、描かない。が、しかし、自分のプライベートを明かさないのが、ハードボイルドだ。ハードボイルドに生きつつも、自分の弱さには自覚的なひとりの男の心理劇が、スペクタクルをメタファーとして描かれる。「人間を描くとはこういうことだ」的なカーナハンとニーソンの姿勢がうかがえて、かっこいい。

|

« 極端な家族論の実験『籠の中の乙女』 | トップページ | ロケーションの主役性に集約させる『ル・コルビュジエの家』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/55507272

この記事へのトラックバック一覧です: あえてハードにはしない『THE GREY 凍える太陽』:

» 映画「THE GREY 凍える太陽」心底怖くて寒い映画だった [soramove]
「THE GREY 凍える太陽」★★★☆ リーアム・ニーソン、ダーモット・マローニー、 ジェームズ・バッジ・デール出演 ジョー・カーナハン監督、 144分、2012年8月18日公開 2011,アメリカ,ショウゲート (原題/原作:THE GREY) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「石油掘削現場で働く男たちを乗せた飛行機が ア... [続きを読む]

受信: 2012年8月26日 (日) 10時06分

« 極端な家族論の実験『籠の中の乙女』 | トップページ | ロケーションの主役性に集約させる『ル・コルビュジエの家』 »