« クローネンバーグ・チームの、というよりもハンプトン脚本の映画『危険なメソッド』。 | トップページ | ベルイマンとウディ・アレン『秋のソナタ』 »

2012年12月 2日 (日)

まるで「ドラマ・シリーズのパイロット版のような」『人生の特等席』

『人生の特等席』於・川崎チネチッタ

まず、邦題についてですが、これ、劇中のセリフからの引用。セリフの引用での邦題は、違和感無くて、いいですね。過去には『君のためなら千回でも』が、セリフからの邦題ですね。ところで『人生の特等席』という言葉は、娘が父に言う、否定的な皮肉の表現して使われている。が、その語句だけ取り出すと、肯定的に見えてしまうので、ここは、ちょっと要注意ではあるかもしれない。

そのセリフあたりまでのシーンは、起承転結でいえば、長すぎるとでもいいたい、想定の範囲内のセリフの応酬が続く。物語りも、ひたすらに、実は、急に転がる後半のための条件を丁寧に積み上げているかのようである。この物語で、クライマックスは、どういった場面に設定してくるのか、検討がつかなかったのだが、かなり強引なもっていき方で、「映画」ならではのファンタジーにしていく。そのファンタジーの直接の布石は、序盤で示されてはいるのだが、これに関しては、少しずつ、状況は見せていくべきではなかったかと思っている。映画のファンタジーではあるが、唐突すぎて、カタルシスが少ない。ひょっとして、そうなるのか的な、観客側にも、少し予測可能な遊びがあってよかったかと思う。

娘の描き方で、思うところ。娘の、仕事で抱える悩みは、すごく漠然としか提示されず「困っている、ということだけわかればよい」スタンスになっている。実際、このような業況を、特に映画が描く場合、小説などと違って、メインとおもわれるひとつの状況のみ明確に提示して、それ以外は、おおまかな状況しか描写しない。ここがどうも気になっていて、複数の悩みは、その悩みを、それぞれ、ちゃんと具体的に示すべきである。でないと、悩みの深刻さが親身をもってこないし、客観的に状況を示すことによって、例えば、今回の場合だと、娘が仕事において、どのぐらいの責任をもたされているか、という社会的位置も示すことや、娘の人間性なども明確になるだろう。

そう思ったのは、この物語、あくまで、この映画のプロットを「パイロット版」として、「元弁護士の女スカウト」のテレビシリーズを作れるんじゃないか、と思ったからだ。その生い立ちが、父親が名スカウトだったから、という歴史があり、イーストウッドは時々、ゲストで出る可能性もあるか、的な。見たいですねぇ。

そして、パンフ。イーストウッド、アダムス、ティンバーレイク、ロレンツ監督のインタビュー、とコラムは評論家・柴山幹郎氏の印象論と、崔洋一監督のインタビュー(監督の師弟関係について語っている)、そして、最も読み応えあるのは、ドジャースのスカウトの日本人、小島圭市氏の、この映画のような場合、どうあるか、という現場ならではの考察。終盤のあのケースはどうなるのかについては言及なし。ああいうのはありなのか、と個人的には考えますが。

そして、今回のパンフレットの最大の特徴は、イーストウッドの主演・監督作のフィルモグラフィーが一本一本カタログ的にきっちり紹介されていて、チェックリスト的に使えるレベルであるということ。

ところで、イーストウッド監督のチームは、ほとんどスタッフを変えることなく、ともにし仕事をしてきているので、スタッフ個人別で、フィルモグラフィーなどから、その人の特徴なりを推察するのは困難である。その中で、チーム外だった人が、音楽のマルコ・ベルトラミなため、彼の参加には、すごく興味は沸くはずなのだが、まあ、当然というか、パンフレットで、それについて触れられることはない。700円。

また、インタビューの内容についても、答えが想定される質問ばかりなのが気にはなるのだが、パンフレット、というあくまで、こっち側の印刷物の中の掲載なので、限界はあるのだろう。ましてやメジャー作品であるし。まじめなチームだし。

|

« クローネンバーグ・チームの、というよりもハンプトン脚本の映画『危険なメソッド』。 | トップページ | ベルイマンとウディ・アレン『秋のソナタ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92257/56239058

この記事へのトラックバック一覧です: まるで「ドラマ・シリーズのパイロット版のような」『人生の特等席』:

» 映画「人生の特等席」タイトルが立派すぎる、もっとしみじみした映画 [soramove]
映画「人生の特等席」★★★★ クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、 ジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマン、 ロバート・パトリック、マシュー・リラード出演 ロバート・ロレンツ 監督、 111分、2012年11月23日より全国にて公開 2012,アメリカ,ワーナー・ブラザーズ (原題/原作:TROUBLE WITH THE CURVE) 人気ブログランキングへ">>... [続きを読む]

受信: 2012年12月11日 (火) 07時13分

« クローネンバーグ・チームの、というよりもハンプトン脚本の映画『危険なメソッド』。 | トップページ | ベルイマンとウディ・アレン『秋のソナタ』 »